• 投稿者サムネイル画像 刀坂
    • #その他
    • #マーケティング
    • #ライティング

こんにちは。フロンティアビジョンです。
今回は、2022年7月1日に入社したライターSさんの紹介です。

あるクライアント様で記事投稿を継続的に投稿した結果、
アクセス数が21倍増加しました。

SEO対策に強い記事を書き続ける
ライターのインタビュー記事です。

ぜひ最後まで読んでいただけると嬉しいです。

この記事を読むことで、下記のことがわかります。
・SEO対策に必要な考え方
・SEO対策する記事の書き方・流れ
・なぜSEO対策が大事なのか

それではSさん、よろしくお願いいたします!

質問:フロンティアビジョンで、どのような仕事をしていますか?

基本的には、ゼロから記事を作成したり、取引先からいただいた原稿をチェックして推敲したりしています。
記事の構成案作成や先方に渡す原稿も作っています。

SEO対策で上位表示されるために競合調査を行い、需要の高いキーワード・書きやすいキーワードを把握します。
一日で一気に記事を作るよりも、数日に分けて調査や構成、執筆を分けて少しずつ行っています。

質問:一番大変な作業はどこですか?

一番大変なのは執筆です。

もちろん競合調査や構成作成も大変ですが、文章の言葉を整える作業が特に難しいです。

自分の中ではアイデアがあるのですが、それをユーザーに伝える言葉選びが難しいと感じることがよくあります。

質問:具体的にどのような箇所で難しさを感じていますか?

専門的な分野の場合、文末の表現に気を遣っています。
例えば「です」「ます」などを3回以上同じ文末が続かないよう、言い回しを工夫しています。

また、提出された原稿の推敲も大変です。
違和感のないように文章を修正する必要がありますが、大変な反面面白みも感じます。

最近は、読みやすさと文章表現の両立が難しいと感じています。

記者ハンドブック(ライター向けの索引)の表現を基本としつつ、文章を作成するので、文章の読みやすさと表現の両立を高めていきたく思ってます。

質問:ここまで表示回数を伸ばしたSEOのコツについて教えてください。

記事に対する情報を“過不足がなく”盛り込むことが重要です。
なぜなら、「キーワードを検索している人が知りたい情報なのか」という点が最も大事です。

結局は読んでもらうことが目的なので、検索する人が必要な情報を見つけられるようにするために、せっかくいただいた情報でも泣く泣く省略してしまうこともよくあります…

その分、情報を網羅的に提供することで、ユーザーがページに留まりやすくなるのです。
それが、SEO対策に繋がります。

質問:キーワードに対する情報の判断基準はありますか?

基本的な判断基準としては、情報が浅すぎないようにすることです。

ですがあまりにも専門的すぎる情報も好まれるものでなく、ユーザーが望む情報に合わせることが大事です。

競合サイトを見ることでニッチな情報かどうかも判断します。
競合調査より、記事のボリュームや情報・構成を見ながら、伝えたいことを明確にすることが重要です。

質問:コンテンツに力を入れるべき理由はなんですか?

YouTubeやSNS、広告、テレビ、新聞、雑誌などを考えると、コンテンツには即座に疑問を解消する力があります。

何かわからないことがあるとき、最初に手が伸びるのは検索エンジンだと思います。

YouTubeも人気ですが、理解しやすい情報は文章で提供された方が伝わりやすいこともあります。

例えば、料理のレシピなどの場合はYouTubeが適しているかもしれませんが、資格比較などの情報は文章の方がわかりやすいです。

つまり、記事コンテンツは瞬時に悩みを解決できるツールとして重要な役割を果たしています。

質問:この記事を見ている方に一言お願いします。

ユーザーの欲しい情報である
「◯◯は何が由来なんだろう」
「◯◯はなぜ人気なんだ?」
「◯◯はどういう意味?」

などをそれぞれ記事としてWebサイトに置いておく。

そうするだけで、それぞれの情報が知りたいユーザーが訪問してくれるのがコンテンツマーケティングです。

「商品を買ってもらいたいのか。」
「サイトの流入数を上げたいのか。」

この最終目標に合わせ、どのようにユーザーを導くのかは私たちの考えどころです。

コンテンツマーケティングは設置するだけ、時々メンテナンスをしてあげれば将来的に見込める集客効果は先述のとおり絶大です。

もしコンテンツマーケティングが気になる!という方は、ぜひご連絡ください。

フロンティアビジョンではSEO対策を行った記事コンテンツ専門の部署があります。

効果が出るには時間が必要が、十分にSEO対策した記事であれば、広告費をかけずとも無料でユーザーが集客される強力なツールです。

ぜひ、記事コンテンツに興味がある方は、まずはお問合せよりご相談ください!