未経験でもできる?Webマーケティングの仕事に必要なスキル

Webマーケティングの仕事って、なんだか華やかで社会貢献度が高いイメージがある。
とても興味はあるけど、それっぽいこと何もやったことないしな。Webマーケターって未経験者でもなれる職業なの?

Webマーケターを志す方にとって、

「どんなスキルや能力が必要なのか?」
「どんなツールを使えないといけないか?」
「流行りのマーケティング手法は?」

というのは気になるところかと思います。

しかし、それよりも、私は「もっと奥深くにあるWebマーケターの適性を知り、必要となる”素質”を磨くほうが重要ではないか」と考えております。

本記事では、これからWebマーケティングを仕事にしたい!と考えている方へ向けて、Webマーケティングの仕事の本質を知っていただけるよう、そして、少しでも何かアクションをしてみよう!と感じていただけるように、できる限りかんたんに解説します。

関連記事:
Webマーケティングとは?Webマーケターが解説!

Webマーケティングとは、”Web”を利用して”マーケティング”を行う仕事です。
言い換えると、インターネットを利用して売れる仕組みをつくる活動のことを指します。

また、Webマーケティングの仕事を行う人を「Webマーケター」と呼びます。

Webマーケターは、ホームページやブログの閲覧ユーザーの流入経路、滞在時間、回遊状況、離脱率などのアクセスデータを分析し、検証、改善活動を行うことで、ホームページのアクセスユーザー数、PV(ページビュー=閲覧数)、CV(コンバージョン=目標達成)などの増加を進めるのが仕事です。

私のイメージとしては、Webサイトの入口(流入元)から出口(購入・契約・来場に至るまで)までを徹底的に最適化する仕事といったところでしょうか。

Webマーケティングの具体的な手法としては、

  • コンテンツマーケティング(コンテンツ制作)
  • SEO(Search Engine Optimization/検索エンジン最適化)対策
  • SNSの運用
  • Webマーケットの調査(競合調査・キーワード調査など)
  • アクセス分析
  • Web広告運用(リスティング広告・ディスプレイ広告・アフィリエイト広告等)
  • MA(マーケティングオートメーション)活用

などがあります。

これまではGoogleアナリティクス等を利用してアクセスデータの分析→改善を行うことが一般的でしたが、近年はWebマーケティング手法も多様化し、新しい手法やツールを取り入れ、目的や状況に合わせて柔軟に活用できるスキルが求められています。

最近では、「SNSマーケティング」が良い例です。

SNSマーケティングとは、SNSを利用してユーザーとの接点を作って、より多くの人に認知していただける機会を生み出し、ファン(フォロワー)を集め、顧客の満足度を高める活動です。

このように、WebマーケターはWebマーケティングに関するあらゆる知識に加え、Webの特徴や活用法についてのノウハウが必要な仕事です。

大切なのは、あらゆる手段から目的や状況に応じて適切な戦術を選択できるスキルを身につけておくことです。

Webマーケティングという仕事のやりがい

Webマーケティングの仕事はやりがいに溢れています。
特にどんなところにやりがいを感じるのか?
私のやりがいは以下の通りです。

  1. クライアントの業績→企業価値を最大化できる社会貢献度の高さ
  2. Web+マーケティングの力で足し算(+)ではなく掛け算式(×)で事業が成長していくプロセス

Webマーケティング活動は事実をデータとしてチェックしやすいため、明確な情報を基に分析、検証、改善活動が行えます。

数字が明確ゆえに、毎日の取り組みが数字の変化として明らかとなりますので、仕事の成果を実感しやすく、そこに大きなやりがいを感じるでしょう。
また、数字が大きく好転すればクライアント(お客様)の売上、認知度、イメージアップに繋がるため、企業価値向上に貢献していることを感じられるのも魅力のひとつです。

Webマーケティングは、このような数字が目に見えるシビアな世界ならではの達成感を得られます。

Webマーケティングの仕事はシビアな世界

華やかなイメージがあるWebマーケティングの仕事ですが、一方で、とてもシビアな世界でもあります。
クライアント(お客様)または所属企業(自社)からお金いただいてWebマーケティングを行うわけですから、当然、かけている費用以上の成果(結果)を求められます。

かけたお金以上の結果が出なければ、翌月には契約はストップです。

根底として、企業は「営利追求団体」ですから当然のことですよね。

Webマーケターはクライアントが期待する以上の成果(結果)を、継続して出し続けなければなりません。

この点が最もシビアであり、人によっては厳しいと感じる点かもしれません。

今やインターネットの世界は成熟しており、日々誕生する情報量は想像できないほど多いため、かんたんに数字を好転させることは難しくなりつつあります。
戦略を立てて取り組んでもすぐに成果が出ることは稀ですから、粘り強く取り組み続ける必要があります。

また、コツコツと幅広い業界・分野について知識や体験を得ながら、目的に合わせたWeb集客方法や事例を集め、分析→検証→改善を行うことも必要です。

そういった成果をあげる難しさを「厳しさ」と捉えることもできるかもしれません。

Webマーケターは、この厳しさやプレッシャーに耐え、常に前を見て突き進む勇気が必要です。

未経験でもWebマーケティングの仕事につくことはできる?

Webマーケティングの仕事に興味があるけれど、「マーケティングについて専門的に学んだことがない!」という方も多いのではないでしょうか?

現在Webマーケターとして仕事をしている私自身も、実はそのひとりです。

学生時代に、いわゆる「THE・マーケティング」を学問として勉強したことはありません。社会へ出て知った、学んだことばかりです。

現在の日本にはマーケティングに特化した学部学科をもつ学校は数える程度しかないため、学生時代にWebマーケティングを専門的に学んだという方はほとんどいないと思います。

ですが、Webマーケティングは未経験でもできることはたくさんあります。Webマーケターとしての特性・強い興味があれば誰にでもなれる可能性があります。

例えば、

  • 根拠を持った思考と仮説を立てる力
  • ユーザー(消費者)の深層心理を分析→言語化する力
  • どの手段を使えば効果が最大化できるか考え抜く力
  • 粘り強く計画→実行→効果検証を繰り返す力
  • 熱を込めて相手に物事を伝え、人の心を動かせる力


など、上記の力はWebマーケターとして必要な素質の一部です。

上記の”素質”を備えていれば、Webマーケティングの現場で活躍できる可能性は大いにあると考えられます。

Webマーケターになる前にぜひやっておきたいこと

とはいえ、いきなりWebマーケターとして活躍するのは、なかなかハードルが高いものです。

Webマーケティング職として企業へ就職するにも、自身でWebマーケターとして独立するにも、経営者やクライアントは「果たしてあなたに何ができるの?」「本当に成果を出せるのか?」という再現性がなければ、お金は払ってくれません。

私は、Webマーケターになる前に、再現性のある成果を個人で出しておくことをおすすめします。

具体的には、

  1. Webサイトを個人で立ち上げて運用し、一定ライン以上の成果(アクセス数・広告収入など)を得ること。
  2. SNS(Twitter・Instagram・TikTok・YouTubeなど)を個人で運用し、一定ライン以上の成果を得ること。

上記のいずれか(または両方)に挑戦し、一定以上の成果を出すために挑戦することを強くおすすめします。

WebサイトやSNSを本気で運用していくと、必然的に戦略設計、分析→検証→改善活動のノウハウ、アクセス解析などを行うこととなります。結果として、それらがWebマーケターとして活躍する際に必要なスキルとなるのです。

また、その経験で一定以上の成果(結果)を出すことができれば、経営者やクライアントからも一目置かれる存在となるでしょう。

ですから、Webマーケターを目指そうとする場合、まずは個人でできるWebマーケティングの実績づくりに努めてみましょう。

「ウェブ解析士」などの資格を取得するのも手段としてはとても有効ですが、私は実際の成功経験に勝る資格はないとも考えています。

Webマーケティング業で成功するために備えておくと良いスキル

Webマーケティングは、限りなく成功確率が高い施策の実行が求められます。

なぜなら、マーケティングにかける時間・お金・人などの経営資源(リソース)には限りがあるためです。

沈む可能性が高い船に、誰も乗り込みはしませんよね。
対岸まで渡りきれる可能性が高い船にしか、人は乗りません。

Webマーケターとして成功確率を高めるために備えておくと良いスキルは、「数学スキル」「本質を見出し、突き進むスキル」「エビデンスに熱を込めて、心を動かすスキル」「コミュニケーションスキル」の4つです。

詳細を解説します。

数学スキル

ここでいう「数学スキル」は、統計・確率などを算出するために必要な能力です。

Webマーケティングの現場でも、データを用いた戦略設計を行うシーンが多々あるため、統計学や確率論などの素養があれば、成功する確率が高い施策を選択することができます。

物事の本質を見い出し、突き進むスキル

「物事の本質を見い出し、突き進むスキル」は、意思決定の際に極めて重要な能力です。

Webマーケティングの現場では、関係者からあらゆるアイデア・情報・狙いが溢れ出てきて、ひとつにまとまらないケースがよくあります。

そんな時に、物事の本質を掴む能力、そして、見い出した本質を貫く勇気と実行力が求められます。

エビデンス(証拠・確証)に熱を込めて、心を動かすスキル

Webマーケティングは、分析データをエビデンス(証拠・確証)として、根拠をもった改善行動を行います。

「この数字はなぜそのようになっているのか?」
「その数字はどうすれば改善させることができるのか?」
「改善させた結果、どれほどの成果を見込めるのか?」
このようにエビデンスを揃え、仮説を立てて行動するのは、Webマーケターとしてはマストです。

ですが、多くの場合、Webマーケターはひとりで改善活動を進めることができません。

例えば、クライアント(お客様)・ディレクター・デザイナー・エンジニアなど、周囲の関係者に協力いただかなくては、せっかくのアイデアも形にできません。

ですから、導き出したエビデンスに熱を込めて伝え、関係者の心を動かすスキルが必要なのです。

コミュニケーションスキル

Webマーケターにとって、コミュニケーションスキルはかなり重要なスキルのひとつです。

Webマーケティングの仕事は、クライアント(お客様)やお相手が抱えている問題や要望から、どのような施策が適しているのか見極め、提案、実行することがよくあります。
相手の希望をくみ取りながら、魅力的に思ってもらえるように伝えるコミュニケーション能力が欠かせません。

また、社内関係者へタスクを依頼する場合も、気持ちよく動いていただくコミュニケーション力が欠かせません。

さいごに

ここまでお読みいただきありがとうございました。
Webマーケティングは「未経験」でも、素質と適性さえあれば、誰でも挑戦できる仕事です。

これからWebマーケターを志す方は、
まずは自身のWebサイトやSNSの運用→実績づくりをおすすめします。

私たちは一緒に働くWebマーケターを募集中です!
経験の有無問わず、まずはいろいろとお話しを聴けたら嬉しいです。
詳細はこちらからどうぞ。

関連記事:
Webマーケティングとは?Webマーケターが解説!