STAFFBLOG スタッフブログ

じわじわハマるほのぼの(見た目だけ)ゲーム

2017/12/27
閲覧所要時間:約3

お久しぶりです!
忘年会で社長より「いじられNo1賞」を頂いた藤本です!

先日は・・・・・クリスマスでしたね。楽しい一日を過ごせましたでしょうか?
イルミネーションに彩られた街並みは美しく、しかしどこか儚げで・・・・
私はなんだか心が締め付けらるような気がしてなりませんでした。
どうしてでしょうか・・・・?

さて、そんな私がクリスマスに何をしていたかと言いますと!
彼女とイルミネーションを見に行っていた訳でもなく!
彼女といつもより大人っぽい雰囲気のディナーに行っていた訳でもなく!

ズ・バ・リ!!!!

携帯ゲームアプリの「どうぶつタワーバトル」\ババーン/
を、時間を忘れるほどやっていました笑

!?!? と思った方も多いと思うので
今回のブログでは、この「どうぶつタワーバトル」を紹介していきたいと思います!

どうぶつタワーバトルとは?!


「どうぶつタワーバトル」とは、最近話題沸騰中の
iPhoneやAndroidなどのスマートフォン向けのアプリゲームです。

 落ちてくる「どうぶつ」を宙に浮かぶ島(?)にオンライン上の相手と
いかにどちらが「どうぶつ」を崩さずに積み上げられるかを競い合うゲームです!


ルールは簡単で
・自分のターンで画面上に表示される「どうぶつ」を落とす位置を決める
・自分が積みたいように「どうぶつ」を回転させる
・落とす

たった、これだけです!!

「どうぶつ」のは14+1種類で
キリン・ゾウ・しろくま・サイ・カバ・パンダ・ラクダ・鹿・虎・シマウマ・オカピ・ロバ・ウミガメ・子ヤギ+ヒヨコ(超低確率で出現)というメンツです!
大きさもそれぞれ違い、丸い部分や角の部分を上手に使って積み上げていきます!

シンプル故に難しい?!

これまで読んでみて「簡単そう」と思われた方!
侮ってはいけません!

確かにルールは簡単です!
しかし!簡単であるが故に「どうぶつ」を乗せるスキルの差が顕著に出てくるのです!
なので、やり込んでいるプレイヤーが相手になった時は
私には想像もつかない乗せ方でギリッギリの勝負を仕掛けてくるので、

「そうくるか〜!」とか

「それは無理だろ〜!」とか

などと独り言をぼやいてしまうくらいです!(私だけかもしれませんが笑)

超絶テクニック集


ここからは、自分が戦ってきた相手で
思わず笑ってしまうくらいすごいと思ったシーンを紹介していきます!

Level1
まず最初はコツさえつかめば誰でもできるものから紹介します!
お分かりですか?右下のシマウマ落ちてるんじゃないんです
なんと引っかけているんです!!
序盤でしか使えませんが、相手に精神的なダメージを煽ることができます!
シマウマだけでなく、トラやサイでも同様に引っかけることができます


Level2
お次はこちらです!
なんとこれ、崩れかけのようにも見えますが・・・崩れてないんです!
もう画面左端から見えないくらい離れていますけど、ちゃんとキープできてます!笑
中心のパンダが馬に顔を踏まれながらも頑張って6匹も支えてくれています!

Level3
最後に紹介するのはこちら!
左下にご注目ください!

このサイ、まるでジンベイザメのおなかに貼りついたコバンザメのように島の底に引っ付いています笑
何もないところに引っかかるなんてアリでしょうか?!
スキルうんぬんの話ではありません!もうこれは運かバグです笑


まとめ

さて、いかがだったでしょうか!

数々のテクニックを上手に使える相手もいれば
策士策に溺れる状態の(こっちは何もしていないのに勝手に下に落ちていってる)
相手もいるので、一人でプレイしてても楽しめるゲームです!

また、「合言葉」を設定することで特定の相手とプレイできるので
家族や友人とも対戦ができます!(異なるOS間での対戦はできません><)

時には運(?)で勝敗が決まってしまうこともありますが、
2018年のお正月は、コタツでゆっくりまったり温もりながら
「どうぶつタワーバトル」を楽しんでみるのはいかがですか?!

□iPhoneの方
どうぶつタワーバトル


□Android
どうぶつタワーバトル


最後までご覧いただきありがとうございました!

そして、

2017年もじわじわと終わりに近づいております!
お世話になった方々、ありがとうございました!!

2018年も皆様にとって素敵な1年になりますように!!良いお年を!!

Face IDは双子をきちんと判別できるのか?

horikawa
2017/12/18
閲覧所要時間:約2

こんにちは、堀川です!
突然ですが、つい先日iPhoneデビューしました!!
しかも最新のiPhone Xに!!
初iPhoneがiPhone Xということもあり、今までAndroidを使用していた私は、あまりの操作性の違いに驚きの連続です!

特徴その1:全面ディスプレイ

iPhone Xの一番の特徴といってもいいのが、「全面ディスプレイ」。
ホームボタンがなくなったことにより、その分のスペースをディスプレイとして使用することができ、1ページの表示量が多くなりました。
ちなみにホームに戻るには画面を下から上にスワイプすることで戻ることができます。

特徴その2:Face ID

そしてもう一つの特徴は、「Face ID」。
なんと顔認証でロック解除できるんです!!

前々からこの機能でやってみたいことがありまして…
それは!!

双子でもロック解除できるのか!?

ということで、早速検証してみました!

まずは、自分の顔を登録!
枠内に顔全体が入るように合わせ、ぐるっと顔を一周させることで登録完了(簡単!!)


登録が完了したら、弟にiPhone Xを。

果たして結果は、
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
なんと!あっさりロックが解除!!
念のため登録する順番を入れ替えて試してみても、同じように解除することができました!

最後に

まさかの結果にびっくりしていますが、これは弟が私のiPhoneの中身を勝手に見ることができるということ!!
見られて困るようなものは入っていませんが、念のためパスコードもきちんと設定しました(笑)

これからiPhone Xを買おうかと思っている双子の皆さんは、Face IDだけでなくパスコードも忘れずに設定しておいた方がいいかもしれませんね(笑)

以上、顔認証をあっさりと突破してしまう双子の話でした!
ではでは!!

セキュリティソフトとUTMの違い

2017/12/04
閲覧所要時間:約5

気づけばもう師走!?
毎日鋭意制作中ですが、年度末も見えてくるこれからはまだまだ忙しくなりそうです^^;
年忘れの前に忘れちゃいけないセキュリティのお話でもm(_ _)m

第一弾の内容はこちら↓
UTMって何?
https://www.fvs-net.co.jp/blog/12389

前回の内容はこちら↓
世界を揺るがしている、ランサムウェアとは
https://www.fvs-net.co.jp/blog/12698


世界的ランサムウェア攻撃のニュースにより、
ランサムウェアという言葉とその脅威について認知度が高まっている昨今ですが、
「UTMなんてなくっても、PCにはちゃんとセキュリティソフトが入っているから大丈夫だよね!?」という方も多いのではないでしょうか?
というか、
「そもそもUTMとセキュリティソフトって何か違いがあるの?」というところの疑問が出ますよね。
今回はそこにフォーカスしてみましょう。

まずはざっくり。

UTM = 上流でのセキュリティ
PCに受信する前に排除する=ネットワークそのものを守るもの。


PCソフト = 下流でのセキュリティ
PCに受信したものに対して駆除する=個々のPCを守るもの。

「上流だろうと下流だろうと最終的に守られていれば、問題ないでしょ?」
という声も聞こえてきそうですが、
守り方一つでこの2者には大きな違いがあります。

一番見落としてはいけないことは、

ウイルス感染は「ヒューマンエラーにより発生することも多い」こと

知らないアドレスから添付ファイル付きの怪しいメールが届きませんか?
英語だったり、中国語だったり、明らかに日本語が変な内容だったりすることが多いので、人力フィルタリングしている人も多いと思います。

これらは正しい知識があり、正常な判断のできる状態であれば、回避できるでしょう。
では新人やパートさん、残業など疲れているとき、急いでいる時、クレーム処理に追われて焦っている時・・・
“知らずに”、”誤って”ファイルを開いてしまう可能性は日常にたくさん潜んでいます。

特に最近では、文章も巧妙になり、会社の業務命令やあたかもお客様からの相談メールのような文面で送られるケースも増えてきています。

つまり、セキュリティ強化のためには
“怪しいメールを受信させない=人に触れさせない”こと、そして社員教育(ルール作りと情報共有)が効果的です。

「とはいえ、いざとなればセキュリティソフトがあるから大丈夫」
と安心できれば良いのですが、ウィルスは日々進化していますので、
開いたファイルがソフトが対応しきれていない新種のウイルスやランサムウェアであれば、OUTです。


UTMは上流でのセキュリティなので、
設置することでネットワーク内に侵入するウイルス数や攻撃数そのものを削減することができます。
ヒューマンエラーが生じる確率自体を物理的に減らすことができるのです。

「なら、セキュリティソフトの契約をやめて、浮いたコストでUTMに一本化すればいいのね!」


・・・となれば、良いのですが、
残念ながらUTMも万能ではありません。
UTMを想定したウイルスも日々進化しているため、セキュリティソフトと同様、どんなウイルスにも対応できるわけでもありません。

また、UTMの性質上の問題もあります。
UTMはネットワークを監視する機器なので、
USBに紛れ込んだウイルスなどに対しては排除機能は働きません。
PCが感染した結果、
外部に情報を持ち出したりといった動き(=ネットワーク内外を不正に動く挙動)に対してはUTMは対処ができますが、PCの感染自体は防げません。
こうした直接PCが感染してしまうような経路に強いのはセキュリティソフトになります。

新種や亜種が多く生まれるウイルスや、
OSなどの脆弱性をつくサイバー攻撃とセキュリティベンダーの戦いはイタチごっこでしかありません。
自転車のダブルロック推奨と同じで、セキュリティを考える以上、
転ばぬ先の杖としては、UTMとセキュリティソフトの2段構えが必要です。

最近セールスマンがやってきてUTM、UTMと言って脅して来るんだけど・・・
ー本当にUTMって必要なの?
ーうちみたいな中小企業にそんなハイテクな攻撃来ないでしょー?

もちろん相応にコストのかかるものなので、避けたい心理(=不要と思いたい部分)はあるでしょう。
ただ言ってしまえば、セキュリティ=ガン保険のようなものです。
「ガンにならなかった(=攻撃を受けなかった)から結局無駄なコストだったな」、という見方もできますが、
もしガンになってしまったら(=攻撃を受けてしまったら)、「あの時保険に入っておけばよかった」、ということになってしまいます。
ネットワーク内のPC・スマホの台数やネットの使用状況により、導入を見送ってもよかったり、
逆に導入を急いだ方が良いケースもありますので
企業のリスクヘッジという観点から、UTMについては一度社内で検討されてみると良いでしょう。

例えば特にUTM導入をご検討された方が良い方はこんな方です
 ・個人情報が多く集まる・蓄積されている
  (特に士業、病院、美容など個人的かつ重要な情報を扱うの業界の方)
 ・個人情報漏洩の賠償・対応で仕事にならなくなるのが心配
  (最安でも1件500円×漏洩件数の賠償+裁判費用のリスク)
 ・社員へのセキュリティ指導ができておらず、いつか感染しそうで心配だ
 ・信用で成り立っているので情報漏洩による顧客の信用失墜の問題が不安だ

とはいえ・・・
セキュリティソフトと同じかちょっと高いくらいの金額で、
UTMさえあればとりあえずOKよ!という感じの商品であればこんなに悩むこともないのですけどね^^;

WordPressとカスタムフィールド製造業

井上武明
2017/11/14
閲覧所要時間:約6

こんにちは、2017年になってオールドレンズに手を染めている井上です。

私が使っているニコンの一眼レフは「不変のFマウント」などと呼ばれ、1959年発売のNikon Fから同じレンズの基本規格(マウント)が使われ続けられ、半世紀以上前のレンズが最新のデジタル一眼レフでも使える楽しさがあります。

まぁ、いろいろと制約がありますが、自分より年上のレンズで撮る楽しさもありますが、安く楽しめると言うのが一番ですね。
写真は1959年に発売されたFマウント最初のレンズNIKKOR-S Auto 5cm F2と、そのおまけで購入したNikomat FTn(1967年発売)で遊ぶ4歳のわが娘。レンズはチョットだけ改造して普段使っているデジタルの一眼レフでも使えるようになってます。

という事で今回はオールドレンズの魅力をたっぷり紹介・・・思っていたらWordPressの気になる記事があったので今回はカスタムフィールド製造業について。

カスタムフィールド製造業?

ウェブ制作など、興味のあることについてネット上に出ている情報はつねに収集しているんですが、9月末にとても面白いと感じる記事がありました。


いったんまとめよう。カスタムフィールド製造業とは……

  • 顧客に対してWordPressサイトの制作を提供する仕事を意味する
  • プログラミングにはそれほど詳しくなく、ACFやCustom Post Type UIなどを駆使してWordPressをカスタマイズする人が該当する
  • デザイン、Javascript、コンテンツライティングなどの他の強みがあまりなく、器用貧乏っぽい人ほど、この言葉に敏感に反応する
  • 大きなプロジェクトに年単位で関わり数千万の予算をもらうのではなく、50万から300万ぐらいのプロジェクトを忙しくこなしている人が、この言葉に敏感に反応する
    といった概念である。

出典:カスタムフィールド製造業ならびにWebアセンブラーという職業について – Capital P


カスタムフィールド製造業、まさに自分のことじゃないか(笑)

なぜカスタムフィールド製造業が必要とされているのか

WordPressとはウェブサイトの更新を行うためのプログラムのCMS(Contents Management System)の一つで、CMSが使われているサイトの59.8%、ウェブサイト全体の29.0%でも何らかの形で利用されていると言われる超メジャーなCMSです。

そのため書店でもWordPress関連書籍は非常に多く、

「WordPressを使えば専門的な知識がなくても、プロなみのWebサイトを作れます」

みたいなキャッチコピーの本が沢山あるので簡単そうに感じますが、そこはやはり「本を売るため」のセールスコピーなので専門知識ゼロの方でもストレス無く簡単に作れますと言えるほどは簡単ではないです。(ちなみに似たようなキャッチコピーは昔から多くのウェブ制作サービスで使われてます。)

「最新スマホのカメラを使えば専門的な知識がなくても、プロなみの写真を撮れます」

と言われて買ったスマートフォンの中の写真データ、プロ並みとはちょっと言えない気がしませんか。

例えば雑誌の表紙などで使われる写真
これは購買層や誌面の内容に合わせて一流のカメラマンが「構図」「光の方向」「色味」「ピント」などを考えて、何度も工夫し、調整して撮影した中から最高の1枚が使われます。

例えば修学旅行などで撮る集合写真
この場合もカメラマンがいろいろと指示を出して失敗がないように準備をして素早く何枚か撮影しますが、渡されるのはやはりカメラマンが選んだ最高の1枚だと思います。

これはウェブの世界も同じです。

重要な内容のページやトップページ
これは利用者が求めるものとサイト運営者が提供したい内容に合わせて「デザイン」「機能」などを考えて、何度も工夫し、調整して作成した最高の1ページを用意します。

会社概要や商品・サービスのページ
住所や価格などある程度決まった形式が必要とされ、一定以上のクオリティを維持しつつも商品やサービスの変更に合わせて速やかに更新する必要が出てきます。

前者は頻繁に変わることは少ないですが、後者は情報のクオリティよりも正確性と鮮度が大切で、更新のたびにカメラマンに来てもらって撮影するのは時間と費用がもったいない気がしますよね。

最低限のクオリティで失敗しない撮り方をカメラマンに教えてもらって、必要なカメラやライトを買って自分で撮れるようになりたいと思うかもしれません。
せっかく撮った最新商品と人気商品なら、入口横で目立つショーウィンドウを用意して自分でならべたくなりますよね。

ついでに手書きポップも添えると読んでもらえるかな。
という感じに「誰でも撮れるような撮影セット」「入口横のショーウィンドウのスペース」がウェブでも必要とされます。
それがCMS(Contents Management System)の本質であり、「カメラのシャッターを押すだけ」「ケースの決められた位置に置くだけ」のレベルにまで簡単にしてあげるのがWordPressの「カスタムフィールド製造業」の本質だと思えます。

さらに言えば
「ショーケースの商品の値札は必ず見えるように並べ方のルールを決めましょう」
「売れ残らないように夕方になったら値引きシールを貼りましょう」
「プレゼント企画なら当選者のお届け先の住所とか聞かなくて大丈夫ですか」
などなど、忘れたら大変な事柄をウェブでもしっかりサポートすることも実際にはカスタムフィールド製造業の大切な仕事だと思います。

ただ言われたとおりに物を作るだけではダメってことですね。

管理画面が大きく変わる予定のWordPress5.0

さて、もうすぐWordPress4.9がリリースされる予定ですが、その次のWordPress5.0では長年使われている管理画面のテキストエディタがTinyMCE(タイニーエムシイイー)からGutenberg(グーテンベルク)という全く新しいものに変わる予定だと聞いています。


Gutenbergのテキストエディタはまだまだ開発中なんですが、テスト用のプラグインとして提供されているので誰でも試してみることが出来できます。(日本語化はまだまだ先ですね)

今までは難しかった表組みや画面の分割、各種機能の埋め込みなども使いやすくなるようなので期待していますが、ツールが使いやすくなったとしても「カメラのシャッターを押すだけ」の簡単さで失敗がなく作れる訳ではないので、簡単に更新できるようにサポートをするためのカスタムフィールド製造業的なものは無くならないと思いますが変化に対応する準備は大変です。

テキストエディタを見直す方針が示されたのが2016年12月、Gutenbergの名称とテスト用プラグインが出てきたのが2017年7月とWordPressはすごいスピードで進化しようとしています。
なので独りではついて行くのは大変。

こういうときにも協力してウェブ制作にあたれる仲間ってありがたいです。

※先日の社員旅行の台湾写真、せっかくなので何枚かを無理やり使いました。(^^;

荒木未希夫のFUJIFILM T10お散歩記録 – Part1

araki
2017/11/09
閲覧所要時間:約6

カントリ〜〜ロ〜ド♪
この道ぃ〜〜〜 ずぅっとぉ〜〜〜ゆけばぁ〜〜〜♪
あの街にぃ〜〜 つづいてるぅ〜〜〜〜♪
気がするぅ〜 カントリ〜〜ロ〜〜〜〜〜ド♪


っとここ最近脳内で永遠と流れておりますアラキです。

もぉこんな写真メインのブログを書くのはいつぶりでしょうか・・・・。


今までFVマガジン(メールマガジン)の担当ということもあり、
「皆様へ少しでもお役に立ちたい!」っという強い気持ちから
最近ではアプリ系やサービスの紹介をメインとした記事ばかり書いてきました。


その間プライベートで撮影した写真がたまっていくいっぽう・・・・。
インスタ上でしか見てもらう機会がない。
私そんな日々を過ごして参りました・・・・。



そこで僕は決めたのです。
それなら会社のブログでシリーズ化し、
たくさんの撮りためた写真達を勝手ながら
こちらのスタッフブログを通じて発信していこうと・・・・。







前置きはさておき僕はFUJIFILMのT10を使い始め約2年目ぐらいになりますが、
今年の夏にずっと気になっていたオールドレンズ「Helios-44-2 58mm F2.0」を購入し、
それからというもののこのレンズ独特のボケ感でもある「ぐるぐるボケ」の虜となってしまいました。

↑こちら僕の愛機T10とヘリオスさんです。(友人へ撮ってもらいました)


っということで今となってはフジノンレンズをつけずひたすらマニュアルで自己流で撮る日々。

それでは写真をジャンル問わず載せていきたいと思います( ´ ▽ ` )ノ

※全ての写真でぐるぐるボケが出ている訳ではりありません。温かい目で見てあげてください。



九州ハンドメイドフェスタ



↑このネコバスは結構蚤の市やマルシェなどで見かけるクレープ屋さんですね( ̄^ ̄)ゞ





健軍のカメラ雑貨屋さんPhotoCamerryさんとの撮影会



健軍町のマクドナルドのすぐ横にあるカメラ雑貨屋さんの
Photo Camerry(フォトキャメリー)さんとコラボして
商品のインスタ用の写真を撮る目的も含め撮影会を行いました♪




※ちなみにこの風船とひつじのお面は全く関係ありません。




オサンポキモノさんとの撮影会






いやぁ〜〜〜今年はたくさん浴衣のを撮影ができたので大満足大満足(^人^)




タデ原湿原





↑早朝食べるホットサンドと入れたてのコーヒーはもぉ最高でしたね!!
 帰ってアウトドア用の小さいボンベ買っていいか奥さんに聞いたところ1mmの可能性も感じられないぐらい速攻却下されたのはここだけの話・・・。




肥後民家村






ここ肥後民家村は玉名にあるのですが、
とても雰囲気が良くて、カレーも美味しくて、古民家の中も一部自由に入れるしで、
また必ずいきたいと感じさせる場所でしたね♪( ´▽`)




甲佐蚤の市 〜 VOL.5 〜







地元御船町のすぐ隣の甲佐町で年1回開催される甲佐蚤の市。
今回で5回目の開催ということで僕も初めて言ってみましたが写真を見てもらったらわかる通り、
朝から昼までひたすら食べてましたね・・・・・。(これでもダイエットしなきゃとしょっちゅう言っている・・・。)




七五三 〜 健軍神社 〜





健軍神社での七五三の撮影は今回で2回目♪
なのでスムーズに撮影ができましたが初めましてのお子さんを笑顔で撮るのってめちゃくちゃ難しいもんですね。笑
この日はほぼほぼ笑顔の写真は撮れませんでしたが、自分なりにはそれはそれでいい写真が撮れたのではないかとポジティブに捉えるようにしております。




家族写真 〜 能古島アイランドパーク 〜







今年こそは行ってみたいと思っていた福岡の能古島アイランドパーク!
運良く撮影を頼まれ初めていくことができたのですが。。。。

前日の台風の影響で満開のコスモスは全て散ってしまい、
残るは緑一色の畑のみ。。。。

まぁ楽しい撮影だったのでよしとしましょう!(いつかまたリベンジしてや・・・・・る・・・・。)




社員研修 〜 台湾 〜


はい!いきなり謎のドヤ顔から始まりましたが、今年は職員研修で初海外の台湾へ行ってまいりました!
詳しい内容に関しては大渡さんや藪下さんの記事をご覧ください♪

ホルガをあたかもペットのように散歩させるゆりっぺ先輩。
後ろのおばさんが「この子大丈夫かしら・・・。」っと言わんばかりのガン見でしたね。

FVといえば!!そぉ!!!こちらの3姉妹!!!
すでに空港で何度もジャンプしたりしてはしゃいでおりました・・・・。







【 アラキ 】 : えぇ〜〜今回の社員研修どうでしたか??
【西村さん】 : はい。3日とも雨でしたがとっても充実した旅でした。

っというやり取りが聞こえてきそうなぐらい朗らかな笑顔。

僕もこういう笑顔を振りまいてみたいものです。

今回3日間の台湾で僕はニーハオとシェイシェイだけで乗り越えることができました。

っということで「日本語だけでもなんとかやっていける!!」と謎の自信を身につけ帰国しましたとさ。




家族写真 〜 江津湖広木公園 〜





中高のサッカー部の先輩に頼まれ江津湖で家族写真の撮影を行いました♪
もぉ江津湖での撮影はまちがいないですねw

どうにか工夫すればいい感じになりますw

先輩に子供の名前と間違わられ「みきおっ!」って呼ばれた時は思わず固まってしまいました。笑

この子は将来僕みたいな天パになるんだろうか。



佐賀バルーンフェスタ





↑地元佐賀をこよなく愛すイケメンカメラマンの大渡さんと偶然お会いしました♪


帰り道には男二人で花屋&ドライフラワー&カフェのラズリさんへw
僕がドライフラワーが大好きだと知る友人が連れてってくれました!

まぁそら女子かカップルしかいませんわな・・・・。笑





阿蘇 すすきの迷路



佐賀を後にしそのまま阿蘇にススキを撮りにいきました!




いやぁ〜〜〜「あきぃ〜〜〜〜〜〜!!!」って感じですねぇ〜〜〜〜♪

阿蘇はやっぱり気持ちいですねぇ〜〜〜〜〜♪



ゆうすい自然の森(旧:遊水峡)







最後は小国にあるゆうすい自然の森へ!!!

先ほどのススキよりももっと「あきぃぃぃぃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!」ってなりましたね。
ちょうど太陽もいい感じの位置でこれまたもぉフレア祭りでしたよ!!!(しかしアラキはたいしてフレアをうまくあやつれない。)


ってな感じで今回はこの辺で終わりたいと思います。




最後に


みなさん今回からシリーズ化候補として始まった「荒木未希夫のFUJIFILM T10お散歩記録 – Part1」はどうでしたか???

賛否両論あるかと思いますが、
第一回目ということなのでお褒めのお言葉限定でお待ちしておりますm(_ _)m

最近特に人物の撮影が好きになってきて、
ありがたいことに家族写真や七五三などの撮影以来が増えてくるようになってきましたo(^▽^)o

これからもたくさん様々な写真を自分なり撮っていきたいと思いますので、
次回ブログもお楽しみにぃ〜〜〜〜〜〜(・ω・)ノ



あとFVメンバー5名で運営しておりますInstagram公式アカウントもよろしくお願い致しますぅ〜〜〜〜〜〜♪


HP用の原稿はこう作ろう!〜作成手順とポイント〜

yamamoto
2017/11/08
閲覧所要時間:約4


こんにちは、ヤマモトです!
今回はホームページを制作する上でもっとも重要で、もっとも難関な「原稿作成」について
弊社なりの「よりいいHPにするためのテキスト作成手順」についてご紹介したいと思います。

もしあなたが「自社HP用の原稿作成」をお願いされたとしたらどのように感じますでしょうか?
「めんどくさい・・・」「大変そうだなあ」「書いてる時間がない!」「どう書いていいかわからない!」などなど・・・正直こんな風に思う方が多いんじゃないでしょうか?

・・・お気持ちはすごくわかります。

ただ、より良いHPになるか、ありきたりな普通のHPになるかはここにかかっているのです!!
御社のHPにアクセスした人が、御社に興味を資料請求やお問い合わせをしてくれるかどうか、それとも他社のサイトに行くかどうかを決定するのは、「コンテンツの内容」つまり、お客様に書いていただく「原稿」が最重要なのです。

ここでは、基本的な原稿の書き方、書く上での考え方を紹介していきたいと思います!!

ステップ1 「誰に向けて書くか」を明確に!


「誰に対して、何を、どう伝えるか?」

常にターゲットユーザーを意識して原稿を用意することがとても重要なポイントとなってきます。
良い原稿とは「サイトを見たお客様に対して有益な情報を与えられる」ものです。

※よくあるケースで、「全てのターゲット(層)」に見てもらいたいとおっしゃられることもありますが、これは結局全ての層に響かないものなるのが常です。欲張らずにターゲットは必ず絞るようにしましょう。

Point
・お客様目線でHPにきた方が何を知りたいのかを想像して書くのがコツです。
・迷った時は、競合の他社サイトを参考にしてみるのも良いでしょう!
・他社のサイトをそのまま真似するのではなく、御社独自の強み・特徴を考えましょう!



ステップ2 大まかな章立てを組む


はじめから「うまく素敵な文章を書こう!」と思ってしまうと結局なかなかペンが進みません。
まずは、ざっくりとした文章を「箇条書き」にしていきましょう。
この作業を行うと、「この内容の前にこれを持ってこないと意味が通じない」など今まで漠然としていたものが徐々に整理され、文章を展開していく順番も少しずつ固まってくると思います。



ステップ3 コンテンツの「見出し」を決定する


ユーザーがホームページ内の文章を全て読んでくれるなんてことははまずありません。(私もそうです)
重要な見出しをみて、各個人に必要な部分のみを読んでいくパターンがほとんどです。
そのため「見出し」がユーザーにとってとても重要なポイントになります。

Point
ページごとに重要な項目となるタイトルを入れてみます。
その見出しが必要が不要かを選別して、ブラッシュアップしていきましょう。
見出しタイトル(それぞれの内容のキャッチコピーにあたるもの)も決まってより全体の構成がわかりやすい内容になるはずです。


ステップ4 見出しごとに文章を書いてみましょう!


ここでも大切なのは、完璧な文章を書こうとしないこと。

Point
・普段お客さんに話している内容・資料を整理することも重要なポイントとなります。
・文章の枝葉や体裁にこだわらないで、話し言葉でも良いのでどんどん書いてみましょう。


ステップ5 全体の見直し。その文章、本当に必要?


あまりに長い文章はそれだけでユーザーが敬遠します。
特にスマホサイトで閲覧する場合は、縦スクロールでざっと流し読みする傾向が強いので、
詳細のテキストのボリュームにも気をつけなければいけません。
余分なテキストはできるだけ省いていきましょう!

最終ステップ この内容で本当に伝えたいことが伝わるのか考えよう。


作成した原稿を「第三者の目」で評価(チェック)してみましょう。
自分が読みやすいと思う文章がそのまま、他の人が読みやすい文章とは限りません。
御社のことを全然知らない方に、作成した原稿を読んでいただき、意味が通じなおかつ興味を持ってくれたら大成功です!

その判断をするために可能な限り、社外の方に一度チェックしていただくことをおすすめします。
もしくは、作成した文章を時間を置いて、冷静な状態で自分でチェックしてみるのも一つの方法です。


最後に


ホームページ制作というものはただ単にキレイに、カッコよくすることではありません。
ユーザーにとって有益な情報や、御社の強み・魅力を見やすく・わかりやすく表現できてこそ初めてWEBサイトの効果が得られます。
そのためには、やはり社員の方の想いの詰まったテキストが必要になります。

また、こうした原稿制作を進める上で、社内を見つめ直すことによる新たな発見がかもしれません。
サイト制作時だけでなく社内外できっと役に立つことになると思いますので、ぜひ取り組んでいただければと思います!



最新JavaScript 「ECMAScript2015」を誰にもバレずに、こっそりさわってみる

sawamichio
2017/11/06
閲覧所要時間:約8

最近癒しを求めて、こそこそJavaScriptを書いている
クリエイターのSAWAMICHIOです。

実はJavaScriptは2015年6月に「ECMAScript2015」「通称ES6?」と呼ばれる新仕様が発表され、
大きな進化を遂げでいるのを今更ながらピックアップしてみました。

JS以外のプログラミング言語を深く知るわけではないのでなんとも言えないのですが、
新仕様で特に注目を集めてそうなのがclass構文の追加です。

それまではプロトタイプという非常にわかりにくい苦行のような書き方だったのですが、
ES6ではよりポピュラーな記法でクラスを定義できるようになったようです。

従来のプロトタイプベースでのクラス(コンストラクタ)の定義

function Person( name, gender ) {
  this._name = name
  this._gender = gender
}

Person.prototype.string = function() {
  return this._name + 'は' + this._gender + 'です。'
}

var sawa = new Person( 'SAWAMICHIO', '男' )
console.log( sawa.string() )


↑よくある例です。はい。
関数を作ってそれをnew演算子を介して呼び出すと急にコンストラクタとして動作し、
インスタンス化したオブジェクトから親クラスのメソッドにアクセスできるというやつです。

↓同じことをこのように書き換えることができます。

最新のクラス構文でのコンストラクタの定義

class Person {
  constructor( name, gender ) {
    this._name = name
    this._gender = gender
  }

  string() {
    return this._name + 'は' + this._gender + 'です。'
  }
}

const sawa = new Person( 'SAWAMICHIO', '男' )
console.log( sawa.string() )


「class クラス名」でクラスを定義する書き方は、
JavaやC言語ではおなじみらしいのですがワタシは知りません。
クラスからオブジェクトを生成するコンストラクタは、そのものズバリ
「constructor」で定義するようです。
コンストラクタの定義は省略することもでき、
省略した場合は、「constructor(){}」という空のコンストラクタが
暗黙のうちに定義されます。

クラスを定義したら、new演算子でクラスからオブジェクトを生成できます。
この辺は一緒ですね。

またクラスの定義は下記のようにクラスリテラルで記述して、
変数に代入する書き方もできます。

クラスリテラルを使ってコンストラクタを定義する

const Person = class {
  constructor( name, gender ) {
    this._name = name
    this._gender = gender
  }

  string() {
    return this._name + 'は' + this._gender + 'です。'
  }
}


static修飾子で静的メソッドを定義できる

上記までのものは、単に書き方が変わっただけっぽかったのですが、
クラス構文には静的メソッドを持たせることができます。
この場合、オブジェクトをわざわざインスタンス化することなく、
「クラス名.静的メソッド」で実行できます。
class Calc {
  static sum( num1, num2 ) {
    return num1 + num2
  }
}

console.log( Calc.sum( 5, 5 ) )

[実行結果]
10

setter/getterを使ったプロパティの定義

ここではsetter/getterを使って
Personクラスにageプロパティを追加しています。
class Person {
  set age( value ) {
    console.log( 'setter呼び出し' )
    if ( value < 0 ) {
      throw new RangeError( 'ageは正数で' )
    }
    this._age = value
  }

  get age() {
    console.log( 'getter呼び出し' )
    return this._age
  }
}

const kawaguchi = new Person()

kawaguchi.age = 22
console.log( kawaguchi.age )

kawaguchi.age = -22
console.log( kawaguchi.age )


[実行結果]
setter呼び出し
getter呼び出し
22
setter呼び出し
x RangeError: ageは正数で
setのコードブロックがsetterで、ageプロパティに値を設定した時に自動的に実行されます。
同じくgetのコードブロックがgetterで、ageプロパティから値を取得しようとした時に自動的に実行されます。


setterを省略して読み取り専用のプロパティを定義する

class Person {
  get age() {
    console.log( 'getter呼び出し' )
    return this._age = 22
  }
}

const kawaguchi = new Person()
console.log( kawaguchi.age )

kawaguchi.age = 92
console.log( kawaguchi.age )


getterを省略して書き込み専用のプロパティを定義する

class Person {
  set age( value ) {
    console.log( 'setter呼び出し' )
    if ( value < 0 ) {
      throw new RangeError( 'ageは正数で' )
    }
    this._age
  }
}

var kawaguchi = new Person()
kawaguchi.age = 22
console.log( kawaguchi.age )


extends構文を使ったクラスの継承

class Person {
  constructor( name, gender ) {
    this._name = name
    this._gender = gender
  }

  string() {
    return this._name + 'は' + this._gender + 'です。'
  }
}

class FrontierVision extends Person {
  constructor( name, gender, job ) {
    super( name, gender )
    this._job = job
  }

  string() {
    return this._name + 'は' + this._job + 'です。'
  }
}

const kawaguchi = new FrontierVision( '川口', '男', 'エンジニア' )
console.log( kawaguchi.string() )

クラスの重要な機能の一つにオブジェクトどうしの継承関係を築けるというのがあります。
JS自体、Objectを頂点とした壮大な宇宙を構成しているように
あるクラス(親クラス)から、そのクラスのメソッドやプロパティを引き継いだ(子クラス)を定義できる機能です。

従来はプロトタイプ継承というJS特有の?やり方で実現していましたが、新しい構文では「extends」という構文で継承を実現できるようになり
よりシンプルにわかりやすく表現することができます。

新しいclass構文によってガラリと変わった印象を持ちますが、内部的にはやはり従来通りのプロトタイプベースのようです。
その証拠にclass構文で定義した Personをtypeof演算子で確認すると function(関数)と表示されます。

さらに「Person.prototype.プロパティ = 関数リテラル」という従来の記法でメソッドを追加することも可能です。

表面的にはガラリと変わって新しい言語かのようになりましたが、実態は
今までのJavaScriptそのものということで安心できますね。
いちいち学習し直さないでいいですから。
他にも気になる機能がたくさん追加された「ECMAScript2015」ですが、それはまた次の機会に

御免。

ハッピーハロウィン!仮装してパーティーしました!

kawaguchi
2017/10/31
閲覧所要時間:約2

こんにちは!川口です!
かなり久しぶりにブログを書くような気がします…笑

10月31日といえばハロウィン!
フロンティアビジョンでも先週の土曜日、一足先に「ハロウィンパーティー」を開催しました!
halloween2017-blog-21 【クイズ:一番右のペンギンは誰だ!?】

その様子を写真多めでお伝えします!

まずは準備・・・

halloween2017-blog-28

halloween2017-blog-30 ドラキュラ伯爵の西村さんが切っているのは顔に貼るなにか?

halloween2017-blog-27 halloween2017-blog-25 ガッツリメイクの橋本さんと藤本くん!

halloween2017-blog-22 お菓子もいろいろ!
ポップコーンにジュース!(ジンジャエールがない…)

容器の柄もこだわります!
可愛らしいキャラクターがストローについていますが飲む時、ストローが曲がらないようにイタズラされます

halloween2017-blog-16 そして定番のピッツァ!

halloween2017-blog-29 イベントは準備が楽しいもので、終始爆笑でした 笑


いよいよスタート!

halloween2017-blog-20 ハッピーハロウィン〜(乾杯の掛け声)

halloween2017-blog-14 カメラ目線でないことがない藪下さん

halloween2017-blog-13 ピザを頬張るも、顎が開かないヒロキさん 笑 (背後が気になる…)

halloween2017-blog2-1-3 halloween2017-blog2-1-4 オシャンティーアメリカンスタイルなので立食です 笑

halloween2017-blog-11 人狼ゲーム中の変な空気で込み上げる笑い 笑
因みに勝者はヒロキさんでした!


最後はスタッフの写真で

halloween2017-blog-3 それぞれの別世界が1つになったオバショット!

halloween2017-blog-7 なりきれない若者達

halloween2017-blog-8 肉食ペンギンとその仲間たち

halloween2017-blog-4 ガイコツお化けとドラキュラ伯爵
(センスなさすぎのネーミングですね..笑)

halloween2017-blog-1 結構ガチドン!

halloween2017-blog-10 そして 【クイズ:一番右のペンギンは誰だ!?】 の答えは社長でした!


感想

FVでは初の試みとなるハロウィンイベントは大成功に終わりました!
全部楽しかったですが、個人的には人狼ゲームが一番楽しかったです!笑
初めてでルールがよくわからないまま始めたので、覚えようと必死に考えこんでいたら1ターン目にゲームから除外されました…笑
黙っていると ”オオカミ” だと怪しまれるみたいです…
1人目に名前を呼ばれるとかなりショックです(泣)

来年はもっと盛り上がるハロウィンにしたいです!



台湾旅行紀〜グルメ・ショッピング班編〜

yabushita
2017/10/25
閲覧所要時間:約9

こんにちは!
秋の味覚 柿が果物の中でいちばん好きなヤブシタです☆

季節はすっかり秋・・・いや、もうすぐ冬になろうとしていますが、
みなさん体調など崩されていませんでしょうか?

さて今回は10月13日~15日に行った台湾社員研修“グルメ・ショッピング班編”と題しまして
ブログを書こうと思います♪

ちなみに台湾旅行総まとめ&カメラ班の記事はワタリさんが面白く書いてくださったので、
そちらをご覧ください(^^)♪
ニーハオ エディー○ーフィアルヨ。
https://www.fvs-net.co.jp/blog/13112



では、台湾へレッツゴーー!!!!!!(福岡空港にて)
スクリーンショット 2017-10-23 9.58.10

1日目

IMG_2409 チャイナエアラインで台湾へ!
窓側の席だったので、綺麗な景色を見ることができました!


約2時間後…

スクリーンショット 2017-10-24 10.22.05
台湾ついた〜〜〜〜〜〜!!!!!
(さっきと服装が変わってることはつっこまないでくださいw実はこれ最終日に撮ったのです 汗)


スクリーンショット 2017-10-23 10.28.52 それからバス移動などがあり、目的地でもある九份へ!


九份到着!!!ピースy(^ー^)ブイブイ
スクリーンショット 2017-10-24 10.13.50
雨・風がひどく、ぴちょんくん ならぬ ぴちょんさんも降臨されておりました↓↓↓
スクリーンショット 2017-10-24 9.24.25
スクリーンショット 2017-10-23 10.38.33 みんなカッパを装備してます(笑)イェ〜イ♪♪♪(v ゚▽ ゚)( ̄▽ ̄)/


夜ご飯を食べたあと、1時間ほど時間があったので
グルメ・ショッピング班で基山街をウロウロしました。
IMG_1779 遠くからでもポーズをしてます ヽ(・ˇ∀ˇ・ゞ)


駄菓子屋さんがあったり、雑貨屋さんがあったり、
たくさんお店がありすぎて、この時ばかりは目がいくつも欲しいと思いました(笑)
スクリーンショット 2017-10-23 10.39.47


その中でも一番目に止まったお店に入ってみることにしました。
そこは、、、なんと

九份秘密基地 柑仔店

九份秘密基地 柑仔店


そう、チャイナドレスを着ることができるお店です!!!
自分に合うような服を物色中。。。たくさんあって迷う〜〜〜!!!
スクリーンショット 2017-10-23 9.32.14

その間の男性陣
スクリーンショット 2017-10-23 10.02.23 (笑)
お待たせしてスミマセンm(_ _)m


それでは、みなさん心の準備はよろしいでしょうか?
FV三姉妹のチャイナドレス姿いきますよ!


3……


2……


1……




\じゃ〜〜〜ん!!!/
_IMG9747 どうですか??似合ってますか??(笑)
では、特別に一人一人みていきましょう!

まずはFV三姉妹の長女 橋本さん
IMG_1801 韓国のチマチョゴリを着て、台湾で日本の旗を降っております。
旗が天井にぶつかりそうになっているところに勇ましさを感じます。



続いて次女 ゆりさん
_IMG9759 何かのコンテストで優勝した時の写真ですね!おめでとうございます!
まるで初孫を見るかのような優しい眼差し…


そして三女のワタクシ…
IMG_1796 腰が引けてますね…剣を持っているのですが、すぐ負けてしまいそうです。
後ろの「威武」という文字とは正反対の表情…



その他にも
IMG_1790 牢屋に入ったりもしました。橋本さんの手のブレ具合が良いですね(笑)


いや〜こんな格好をする機会はなかなか無いので、今回挑戦することができて嬉しかったです!(^○^)
ちょっと何かに目覚めてしまいそうです(?)



1日目の夜

九份からの帰り、FVメンバー数名でコンビニへ行きました。
スクリーンショット 2017-10-23 11.25.49 コンビニの印象としては、日本とあまり変わらないといったところでしょうか。
ここで飲み物やお菓子などを購入しました。


ホテルに戻り、一休みしたあと、グルメ・ショッピング班全員が西村さん・藤江さんの部屋へ集合!
するとこんな人がいました↓↓↓
IMG_1809 おやおや。。。パイセンのベッドで堂々と寝る藤本くん。。。こう見えて一番年下。。。
遊ぶために持ってきたトランプをゆりさんが乗せているところです。でも微動だにしません。


他のメンバーはというと…

トンネルを掘る話をしているテレビの前で爆笑中の西村さん。何かツボに入ったのでしょうか?
スクリーンショット 2017-10-23 11.44.04

パンダのお面をはめ、堀川くんを誘惑しているゆりさん。
来年このお面は堀川くんがはめているかもですねぇ。
スクリーンショット 2017-10-23 9.49.27

あれれ??後ろでは明日の日程の話をしているのに、もうトランプが始まろうとしています(笑)
スクリーンショット 2017-10-23 11.45.01
トランプはババ抜き、ジジ抜き、豚のしっぽなどなど、、、いろんなゲームをしました。


スクリーンショット 2017-10-23 11.46.34残り1枚になり余裕の堀川くん。どこかサングラスも輝いて見えます。


最後に残ったのは藤江さん、ゆりさん。
さて、どちらが勝つでしょうか?
スクリーンショット 2017-10-23 9.51.27 「こっちにしようかな…」


スクリーンショット 2017-10-23 13.12.10 「いや…こっちかな…」

スクリーンショット 2017-10-23 13.20.41 おっ!勝者 藤江さん!!!!


スクリーンショット 2017-10-23 13.12.33 荒ぶるゆり氏。


そのあと、ダウトというトランプゲームをしたのですが、かなり笑ってしまいました。
写真は盛り上がりすぎて撮っていません(笑)グルメ・ショッピング班の人たちはわかると思うのですが、これかなり面白かったですよね(笑)また機会があればしたいです!

そのあともトランプは続き、1時過ぎまでしてしまいました・・・(汗)





2日目

2日目はグルメ・ショッピング班で自由行動♪
朝はこんな感じです↓
IMG_7040 なんかCDジャケットにできそうな写真ですね。
では、行ってまいります( ̄- ̄)ゞ



IMG_1817 なんかこの4人、服とかバッグの色とか似てますね。

IMG_1815 ナイススマイルです(^o^)/


班長 西村さん、副班長 橋本さんを先頭に歩いております。
IMG_1823

小籠包で有名な鼎泰豐(ディンタイフォン)が開くまで、生活雑貨屋さんに行って文房具などを買ったりして、ウロウロしました。
IMG_1821

鼎泰豐

IMG_2438 小籠包で有名な鼎泰豐(ディンタイフォン)です。
開店直後だったのですが、すでにかなり賑わっております。

お店の前でピースv(-▽-)v
IMG_1827
接客も日本語でしてくださいました。
注文表も日本語のものを渡してくださり、とても親切だなと感じました。
IMG_1828
1 相棒の右京さん並みの注ぎ方ですね!


早く食べたすぎて、フリースタイルラップが始まりそうです
IMG_7044


あっ、そんなこんなで、小籠包来ましたよ!!!シャッターチャンス!!
IMG_7056



IMG_1835 お店の方にも写真を撮ってもらいました。イェ〜イ☆ありがとうございます。


では、早速実食!
IMG_7070

ちなみに小籠包のどアップはこんな感じ。生姜と一緒に食べるんだそうです。
IMG_1837

お味は……あっつあつで美味しい!!!
このゆりさんの表情が物語っていますね〜!
2

鼎泰豐



珍煮丹

小籠包の後は、もっちもちのタピオカドリンクを飲みに行きます♪
サイズや砂糖の多さなど事細かに選べて、自分好みの味に調節できます!
IMG_1850 コーヒーゼリーのようなものが入ったドリンクや、抹茶味のドリンクなど色々な種類のものがありました。タピオカドリンク大好きなので、台湾でも飲むことができて嬉しかったです〜!

IMG_1856 三姉妹の長女と次女。良い表情です。私も見習わなくてはいけませんねぇ!!
勉強になりますφ( ̄ー ̄ )

珍煮丹

qsquare

IMG_1866 食後はショッピングに向かいます!

IMG_1870 雨もひどくなくて良い感じです♪

IMG_7102 さぁ〜て見えてまいりました!

3 おお!中が森みたい!!

私たちは地下3階を目指します!
何があるかというと、、、
IMG_1875 そう、ここは食料品屋さんで台湾土産を買いにきたのです!

いろんなものがありすぎて、どれを買えば良いか迷ってしまいましたが、私はこんな商品を買いました↓↓↓
69918fb9ecf733f1843140416edb1dce 王道のパイナップルケーキや台湾ビール(あげる用)など。
後は抹茶の大福的なやつ(私は抹茶系に弱い)とラーメン(あげる用)など。

一番右の牛肉乾は見た目がケモノみたい(?)で怖かったのですが、食べてみるとクセになる味でした。(家族からは不評だったので、残りは全部一人で食べました)
パイナップルケーキも好き嫌い分かれるようですが個人的には好きな味だったので、もし余っている方がいたら下さいm(_ _)m(笑)



買い物も終わり、ロビーに戻ってくると外は雨…
一同、カッパに着替えます。もう雨なんてへっちゃらさ…
IMG_1876
qsquare


台北地下街

買い物は続きます!お次は台北地下街に!
 IMG_1885 もう人が沢山いますね!
ここでは、2手に分かれて行動しました!
こちらはドーナツ食べに行く組ですね(^o^)/

私がいた洋服買う組は買うことに集中しすぎて写真撮ってませんm(_ _)m


プレーステーションの何かもあってますね!
IMG_1890 西村さん、堀川くん良い笑顔です!


個人的に2着洋服が買えたので嬉しかったです♪
ドーナツも美味しかったみたいで、全員満足といったところでしょうか(^^)

台北地下街


watsons

地下街の帰りに寄ったドラッグストアではパックを購入。
694a5769cc711c0ca5334ad02926e28a これ台湾から帰ってきた次の日に早速使ってみたのですが、とても良かったです!!!
もっと買ってくれば良かった!と後悔しております(T ^ T)

watsons


龍山寺

夕食までもう少し時間があるということで、台湾の有名なお寺に行ってきました!
こちらはカメラ班も行った龍山寺というお寺ですね!

IMG_1897 門の前でポーズ!!!


中はとても厳粛な雰囲気で、気持ちがシャンとなりました。
この後、お寺の中で会社へのお土産を買ったりしました。

龍山寺


2日目の夜

全員で夕食を食べた後、ホテルに戻り、一休みして2日目は堀川くん・藤本くんのお部屋に行ってまいりました!
IMG_2462 よくわかんないテレビをみたり、UNOをしたりしました。
IMG_2466 UNOも盛り上がりましたね!楽しかったです(^○^)
2日目も1時過ぎまで頑張りました。。。





3日目

3日目も朝からグルメの旅へ!

金峰魯肉飯

面白いタクシーの運転手さんの案内のもと、魯肉飯(ルーローファン)のお店へ行ってきました!
ルーローファンとは台湾の煮込み豚肉かけご飯といったところでしょうか。
個人的には好きな味でしたよ!
写真は撮り忘れました。スミマセン!

金峰魯肉飯

豆花莊

IMG_2482 お次はスイーツ!

IMG_2477 これは豆腐の上に氷が乗っていて、その上にピーナッツやタピオカなどをトッピングしてくれるスイーツです。
私はあんこの団子?が乗っているやつを注文しました。
全体的に優しい味だったのですが、中の豆腐との相性がウーンな感じでした(汗)
店舗によって色々違うのかもしれません。

豆花莊



まとめ

社員研修はなぜか3年連続雨(ナンデデショウ♪~ <(゚ε゚)>)でしたが、とても楽しい3日間でした!
行く前は、食あたり起こしたらどうしよう…とか泥棒に遭ったら…など色々考えてしまっていたのですが、実際そういうこともなく、3日じゃ物足りない!まだ色んなところ見てみたい!
という気持ちになっていました。
日本だけにとどまらず、違う文化に触れることの素晴らしさを学びました。

来年の社員研修も楽しみです(今度は晴れてほしい!!)
最後に三姉妹からプ・レ・ゼ・ン・ト(ハァト)



IMG_1805 以上、台湾旅行記でした\(^▽^)Λ(^▽^)Λ(^▽^)/

ニーハオ エディー○ーフィアルヨ。

watari
2017/10/20
閲覧所要時間:約10

edy
ニーハオ エ○ィーマーフィ あらため添乗員ワタリです。

先日、社員研修という事で
パンツの中までビシャビシャの
2泊3日の台北ずぶ濡れ社員研修に行ってきました。

さて、台湾と言いますと皆さん何を思われますか?

・あの親日国家 台湾!!
・美食の国 台湾!!
・可愛い雑貨がたくさんの台湾!!!
・美人もいっぱい台湾!!!!
・そうあの長澤まさみもCMしている  That’s 台湾 ↓↓↓



とまぁ、期待に胸を膨らまし台北へと行きましたが
私が入社以来、3年連続の雨という事で丸3日間 雨と暴風の中 楽しみました。
こんな感じです↓↓↓

20171013-DSCF6199-XPRO2
弊社 女性社員のM氏も小人図鑑に出てくる
カクレモモジリそっくりになっておりますね。

あらま!バスもビックリ! 後輪がはまって動きませんでした↓↓↓
DSC_3679
美食の国で何食べた?スタッフとの楽しい思い出は?

ノンノンノン・・・・美食と雑貨、夜市などのスタッフの楽し〜〜〜〜い雰囲気はたぶん他の

スタッフがブログで紹介するかと思いますので私は違う視点で載っけておきますm(_ _)m

なんせ私は写真の通り↓↓↓

DSC_3384
乗り物酔い&お腹がすぐ降りますので
出発の時点でお腹を押さえております。
基本行き帰りの機内食も食べておりません・・・

今回の社員研修では

・私がいる(カメラ班)
・旅女H氏 率いる(グルメ班)

の2班に分かれ台北を楽しみましたw

こちらが私がいるカメラ班↓↓↓↓

DSC_2174
男ばっか & 台湾感ゼロの写真・・・

カメラ班は前回の池島同様、私が行きたいところだけをピックアップした
コースとなっておりますm(_ _)m

ちなみに今回UPしている写真はほぼ他のスタッフが撮ったもので
私のカメラはレンズフードもなかったので水滴だらけで
ほぼ写真撮れてない残念な事になりました(泣)


という事で、私・・・というか
ほぼ弊社スタッフが観て撮った台湾TRIPの始まりです。。。


1日目(暴風雷雨)・・・初日は今や日本人には ど定番の九份。


こちら言わずと知れた九份・・・
IMG_1798 ジブリの千と千尋の神隠しの舞台になったのなってないだのと騒がれている九份・・・
ジブリは否定している九份・・・

それでも、九份はあまりに日本人に有名になりすぎ、
台北市内から1時間というアクセスの良さも相まって

・人人人
・雨雨雨
・風風風
・霧霧霧

でした(泣)

看板なんかもよく見れば漢字ばかりかと思えば・・・
基本 日本語も多く・・・親日というか・・・
完全に聴こえてくる言葉は日本語がほとんどでした(笑)
それでもいい雰囲気を醸し出しておりました。

IMG_1800
IMG_1799
肝心の「ここの景色が撮りたい!」を目当てにいきましたが
残念ながら霧で諦めました。
またいつか機会があれば・・・

それにしても有名になる前に来てみたかった場所ですw
いたるところにジブリ・・・ジブリ・・・ジブリ・・・ときどき臭豆腐・・・
DSC_3633
顔なしの人形片手に ぬい撮り している方もたくさんいらっしゃいました。


下記は部長は撮った写真・・・↓↓↓↓
ZOE_1142 昔 九份はゴールドラッシュに湧いたとか、
階段が金の延べ棒をモチーフにしたデザイン。
さすが部長 目の付け所が違います。
お金に目がないですね。

長崎や尾道 同様 坂道には猫が似合います。
20171013-DSCF6390-XPRO2
ということで、
初日は会社に朝5時15分集合ということもあり台北市内のホテルに戻りそそくさと爆睡しました。
日本統治時代の建物も多いらしくどこか懐かしい町並みでした。



2日目(雨) カメラ班でアチコチ散策・・・


龍山寺・・・

朝一 台北一のパワースポットの龍山寺へ・・・
こちら中国の清朝時代1738年に建立された歴史ある寺院で
門をくぐればそこはもうエディーマーフィのゴールデンチャイルドの世界でした。

DSC_2091
20171014-DSCF6577-XPRO2DSC_3747DSC_3716

仕事運がアップするとのことで私 拝み倒してきました↓↓↓
T10M3187
ついでに会社のことも拝みました。


その後次の目的地へトボトボ散策・・・

基本 街並みは 縦看板がずらりと並んだのが印象的です。

ZOE_1329

剥皮寮歴史街区へ


台湾の伝統的な建築と、洋風なバロック様式が一体となった不思議な町並みが素敵な剥皮寮歴史街区へ。

DSC_3891
DSC_2128
DSC_3861
DSC_3867

よく日本でアジア系の外国の方がポーズとって写真を撮ってるのを意識して
自分も撮ってもらいました↓↓↓

20171014-DSCF6667-XPRO2
3日間 このカッパを着っぱなしだっため臭いが臭豆腐なみです。。。。

しかしこちらの町並みもどこか懐かしい感じがしますね。
こちらも日本統治時代からの建物が残っているとのこと。

ここの建物の上からの眺めが観れると書いてあったのですが
残念ながら工事中で見下ろすことはできませんでした(泣)

その後 すぐ近くにある商店街を散策。

20171014-DSCF6693-XPRO2
OH YEAH!こんな感じの台湾待ってました。
日本人がいないリアルな感じがいい感じです。

どこかしこに肉がぶら下がってます ↓↓↓

20171014-DSCF6696-XPRO2
豚さんの足もこの通り ↓↓↓
DSC_3911
美脚でした。

海が近いこともあり海鮮も豊富です ↓↓↓
20171014-DSCF6714-XPRO2
DSC_3914
南国チックな果物も揃います ↓↓↓
T10M3303
やたら街中に香草の香りも漂います ↓↓↓
DSC_3824
洋服も揃います ↓↓↓
20171014-DSCF6718-XPRO2
猫も犬もそこかしこにいます ↓↓↓
20171014-DSCF6712-XPRO2
名前は次郎でしょうか。
読んだら振り向きました。
DSC_3915

基本自由です。
この小さな商店街で人生に必要なものが全部揃いそうな気がしました。

北九州の旦過市場を彷彿させる
雑多な感じが自分は好きです。



いい街でした。



寶藏巖


IMG_1794
リアル ラピュタといったところでしょうか。
自然と街が一体化して不思議な感じのいいとこでしたw

あちこち工房もありましたが
閉まっているのか空いているのかわからず中には入ってません。

DSC_4017DSC_4069DSC_4068DSC_4007 T10M3408

カラフルなくまモンもいました↓↓↓
20171014-DSCF6816-XPRO2 できれば台湾美人で撮影したかったですね。

DSC_4009
DSC_4095
T10M3411

台湾グラフィティ・・・
台湾でもタギングやグラフィティがあちこちにありました↓↓↓

DSC_3984
DSC_2168
違法か合法かわかりませんが・・・綺麗にまとめてありますね。

いたる所にデッッッッカイ カタツムリもひそんでいます。
DSC_4022 カタツムリの殻が日本のものとは違いますねw

蟻も群れてました。
台湾では火蟻が定着してしまったらしく、そそくさと立ち去りました。

小休止してお昼ご飯。


下調べ無しにふらっと入ったお店・・・

維綸面食館

日本語が全く通じません・・・私の出川イングリッシュも通じませんが
店員さんがスマホで丁寧に教えていただきました。
便利な時代ですね。
店員さん困った顔しながらも終始笑顔で
スマホ対応していただきました。
本当にありがとうございます。

ニラ饅頭だけをたのもうとしましたが
店員さんに
「ニラマンジュウダケアルカ?チッチャイアルヨ〜。」
みたいな事を中国語で言われたっぽいので
麺も頼み皆で分けました。

T10M3460T10M3458
え?グルメコメント?

「まるでお口の中がニラ畑やぁ・・・」

そんな感じです。


四四南村簡単市集


ZOE_1440
オサレ女子が集まってくる感じでしょうか。。。。
おしゃれなお土産やら壁画など多くありました。

DSC_4148
DSC_4142 T10M3478
せっかくなので集合して記念撮影↓↓↓
DSC_0001
レトロな街のすぐ横に近代的な
台北101タワーが目の前にそびえ立ちます。

カラフルなドアが撮影スポットになっておりました。
ZOE_1457
DSC_4153
基本 緑と赤が主流でしょうか?

ZOE_1199
DSC_4140
残念ながら今回は101タワーには登っておりません。



華山1914文創園区


日本統治時代の酒工場の跡地をオサレなクリエイティブアート空間にリノベーションした場所です。

IMG_1769
こちらもおしゃれスポットな感じで若者があふれてました。

雑貨もたくさん
DSC_4203
T10M3539
DSC_4271
INAXも頑張ってました↓↓↓
DSC_4191 やはり緑と赤ですね。

その後、夕食まで少々時間がありましたので
お土産屋さんを数店舗まわったり・・・
晩御飯を食べた後は夜市・・・には行かず、地下街をウロウロ・・・

私はもうへばって、地元若者同様、地下街のちょっとフカフカの通路に
座ってみると・・・

20171014-DSCF6993-XPRO2

結構まわりにたむろってる若者から指をさされながら笑われました。
何が違うのでしょうか・・・
結構地元民と馴染んでいるかと思ったんですが・・・

息子にガチャでも買おうかなと思いましたが・・・
DSC_4764
ほぼ日本のでした(笑)

その後ホテルに戻りこの日も早々に床に伏しました。



3日目(雨) 台北一の問屋街 迪化街


台北一の古い100年以上続く店がならぶ問屋街の迪化街へ

DSC_0089
さすが乾物の街、、、、なまこ や からすみ スルメ・・・その他もろもろがずらり・・・

DSC_0112
クッションか??
というほうどの乾燥椎茸が大量に並んでました↓↓↓

DSC_0030
DSC_4719
迪化街の中でも一番古い地区へ↓↓↓
IMG_1796
本来ならこのあたりは屋台が並んで台北市民の朝食の場らしいですが
あいにくの大雨でまばらな感じでした。

雨のせいか鳥さんも頭をうなだれグッタリ↓↓↓
DSC_0021
そんな中、ちらほら朝食を食べている方が
T10M3853T10M3852 海鮮系が結構多かったです。

看板青年でしょうか?・・・↓↓↓
T10M3844
仮面をかぶってサービス精神旺盛かと
思いきやすぐにケータイをいじり
ずっと下をむいていました(笑)

日本人も大好き顔ハメ↓↓↓
DSC_0118
日本人が入りやすいオシャレな店もチラホラあり・・・↓↓↓
DSC_4707 さすが部長 美人店員に弱いですね。
いい感じのアイマスク買ってました。

お風呂に入れるバスロマン的なやつも豊富↓↓↓
DSC_4477

ボンレスハムみたいな犬も転がってました↓↓↓
DSC_0035
オサレな印刷所もあったり・・・
DSC_0145
最終日なのでお腹の事も気にせずかき氷も・・・一口・・・杏仁ミルクも・・・一口わけてもらいました↓↓↓
DSC_4753

恋愛成就の神様がいる霞海城隍廟で拝み倒してきました↓↓↓
20171015-DSCF7006-XPRO2


今回残念なことに・・・


・象山からの夜景
・松山空港のど迫力の写真

は諦めました・・・




あ・・・


街中はというと・・・基本 大都会という感じですかね・・・
日本とさほどかわりません。

Perfumeも人気
DSC_3430
くまモンも人気
20171014-DSCF6914-XPRO2
ミッキーマウス?も人気
DSC_0027
吉牛もマックもモスも一風堂もコンビニも街中にチラホラ・・・


今回 事前に行く前に
你長得好可愛(君カワウィーねぇ〜!)を30回くらい発音練習しましたが
ついに使うことはありませんでした。

それでもアラーキー氏は仕事を忘れ台湾美女ばかりを狙い撃ちしてました。
さすがです。頭が上がりません。

DSC_0037 DSC_0024

全体的な感想


台北はピッカピカの近代化な超高層ビルが立ち並ぶ
すぐ裏路地には屋台がならび、いたるところに市場が出て
昔ながらの生活を営む人もいるような
不思議な雰囲気を醸し出した、自分が好きな町並みで
もっとゆっくりジックリ散策してみたい国でした。

IMG_1801


3日じゃ全然足りないなぁ・・・と感じながらも
基本、ニラ饅頭とカロリーメイトでしのいだ私は
3日目の帰りまぎわにはこんな感じ・・・
疲れで目がいってます・・・↓↓↓
DSC_4765
それでもカロリーメイトは離しませんでした。


3日間 雨という事もあり いろいろ疲れはありましたが、
その分 スタッフとの距離もグッと縮まりました↓↓↓
T10M4081 美男美女の若者スタッフが羨ましい限りです。


私との距離は少し遠ざかった気がしました・・・
T10M4085




・・・・・日本へ帰国・・・・・


旅の〆はやっぱり日本に帰っての牧のうどん・・・
五臓六腑に染み渡りホッとしました↓↓↓
IMG_4809

最後に・・・


さて今年の2泊3日の台湾社員研修、
いろいろと駆け足で書きましたが今回忘れてはいけないのが
熊本地震で最も早く支援してくれたのが台湾です。

今回 台湾に行ってみようとなったキッカケも
震災でいち早く手厚い支援をしていただいた国が
どんな国なのか?そんな思いで台湾となりました。

街には日本語があふれ、親切な方も多く
大好きな国となりました。
本当に本当にありがとうございました。
これからも幸せ大き国 台湾でありますように。




ここが私のアナザースカイ。
men

フロンティアビジョンのFacebook

デンタルWEB

求人情報

スタッフ紹介