STAFFBLOG スタッフブログ

撮影しにいったのに、被写体になってしまった話

yamamoto
2015/02/23
閲覧所要時間:約4

こんにちは、ヤマモトです。
なんだか久しぶりにブログを書きます。

ネタが全然思いつかなかったので今回はWEBとか、全然関係ないお話です!(開き直り)

roof

はじめに、今日のできごと

今日、HP用の撮影にいってきました。
太陽光パネルの設置風景を撮るというものだったのですが。
屋根まで登るのに、はしごや階段があると思いきや
ポールの出っ張りに足をかけて登っていくというものでした。
(現場のスタッフにとっては普通のことだと思いますが)

自慢じゃないですが、昔から極度の運動音痴ですべり台の上から足を踏み外して落下し顔面強打したり、ドッチボールをすればよけた方に球が飛んでくるし、野球で守備をすればフライのボールを取り損ね眼鏡を割るなど「リアルのび太」な自分。

勇気を出して登りましたが、手と足が震えました。
(現場のスタッフさん達には、「こんなに怖がってる人みるの久しぶりだw」と笑われました…くやしい…)

その時自分は必死にポールを登りながら、石川直樹さんという写真家さんのことが頭に浮かんでいました。

写真家・探検家、石川直樹さんという人

皆さんは、「尊敬する人・憧れている人」って1人は必ずいると思います。
自分にとって石川直樹さんはそんな人です。

石川さんは弱冠23歳でエベレストに登頂し、当時最年少で七大陸最高峰登頂を達成し、その後も世界各地を巡っているすごい写真家・探検家です。死と隣り合わせの極限状態なかで撮られた写真は、本当に筆舌に尽くし難いものがあります。

そんな23歳でエベレストに登った石川さんと、かたやもうすぐ27歳になるというのに屋根に登るだけで怖がってる自分という…(笑)

でも自分にとってはちょっとした冒険で、楽しかったです。
屋根からの景色はいつも目にしているものとは違っていて新鮮でした。

屋根の上でのスタッフの人との雑談も楽しくて、
石川さんはこれを何百、何千倍の規模観でやってるのかなーなんて思いました。

石川さんの言葉

石川さんはエッセイも色々書いているのですが、そのなかにこんな言葉があります。
「大切なのは、どこにいったかではなく、その瞬間に何を感じられたか。」

この仕事をしていて、色々なお客さんと話して、普段行けない場所にいったり
話したりできてホント楽しーなーって思います。

で?何が言いたいの?

結局何が言いたいのか分からない記事になってしまいましたが、
「石川さんマジでかっけー!」ってことです。

興味があるかたは、ぜひ一度写真とか本をみてもらいたいです。
いつでもお貸しします!

…そんなこんなで撮影が終わって、再び屋根から降りるとき
スタッフの方達が面白がって、怖がりながら降りている自分をipadでめっちゃ撮ってました(笑)
(登るときより、降りるときの方が何倍も怖い!!)
撮影しにいったのに、逆にたくさん撮られて恥ずかしかったです。
後で写真送ってくださいって言っておきました。

おわり

石川直樹さんプロフィール

1977年東京都生まれ。写真家。2000年、PoletoPoleプロジェクトに参加して北極から南極を人力踏破、2001年、七大陸最高峰登頂を達成。人類学、民俗学などの領域に関心をもち、行為の経験としての移動、旅などをテーマに作品を発表し続けている。2006年、『THE VID』(ニーハイメディア)により、さがみはら写真新人奨励賞、三木淳賞。2008年、『NEW DIMENSION』(赤々舎)、『POLAR』(リトルモア)により、日本写真協会新人賞、講談社出版文化賞。2009年、『Mt.Fuji』(リトルモア)、『VERNACULAR』(赤々舎)を含む近年の活動によって東川賞新人作家賞。2010年、『ARCHIPELAGO』(集英社)により、さがみはら写真賞。2011年、『CORONA』(青土社)により、土門拳賞を受賞した。著書に開高健ノンフィクション賞を受賞した『最後の冒険家』(集英社)、『いま生きているという冒険』(理論社)、『全ての装備を知恵に置き換えること』(晶文社)、『大地という名の食卓』(数研出版)、『この地球を受け継ぐ者へ』(講談社)ほか。東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。

出典:公式サイトより


世間一般の人はデザイナーが考えるほどクオリティを気にしていない説

2015/02/21
閲覧所要時間:約2

こんにちはゾエです。今回は妻と外食をした時の話です。


メニューやポップなどのデザインが気になる

パスタ

僕はデザインの仕事をしているせいか、お店のメニューやポップなどのデザインも無意識のうちにマジマジと見てしまい、何を食べるか決めるのを忘れてしまうことがあります。

メニューに載っている料理の写真が美味しそうに撮影されているか、使用されているフォント(文字の書体)は店の雰囲気やコンセプトに合っているか、もう少しこういうデザインの方が、料理のコース内容が分かり易くなるのではないか…..と気になってしょうがないのです(笑)


クオリティを気にしない?

デスクトップ

しかし妻は「世間一般の人は、デザイナーが考えるほどデザインとか写真のクオリティを気にしていない。」と言います。
“デザイナーが考えるほど”の定義が難しいところですが、料理の写真について構図やライティングがどうとか分からない。ある程度どういう料理か分かればよい。よほど不味そうな写真でなければ問題ないと。
「異議ありッッ!」と言いたいところですが、あまり反論すると食事前に妙な空気になってしまうのでいつも黙っています(笑)


神は細部に宿る?

ただ、最近では次のような考えにもなりました。
例えば衣服。生地がどうとか、縫い目のクオリティがどうとか正直僕はあまり気にしません。気にしていないというと語弊がありますし、もちろんそれらのクオリティが高いに越したことはありませんが、”ある程度”の着心地・品質・見た目のデザイン・価格が気に入れば購入して着ます。
よほど品質の悪い場合でない限り気にしない、気がつかない、分からないのです。
しかし服飾デザイナーやアパレル関係の人からすると、そういった細かな部分のクオリティも気がつくし、気になって拘ることもあるでしょうね。

「神は細部に宿る」という言葉がありますし僕もそう思いますが、なんとなく妻の意見も分かるような気がしましたとさ。

はじめまして 平○源内です。

watari
2015/02/16
閲覧所要時間:約3

photo6

平○源内あらため、新人で中年のワタリです。

皆さん初めまして。
本日初のブログになりますが
さて、、、何を書きましょうか・・・(汗)

最近 社内でキャッチコピーの事が頻繁に話題になりますので
軽くキャッチコピーの事についてでもお書きしましょう。

キャッチコピー?
そもそもキャッチコピーっ?って何よ?と思われる方へ。
説明するより 有名企業様のキャッチコピー例を見てみましょう。

photo2

とまぁこんな感じのです。

え?新人なのに古いって?まぁまぁ、、、

これを聞いてパッと何の言葉だったか・・・?
「聞いた事あるぞ!」・・・と思われる方も多いと思います。(30代?以上の方は特に・・・)
随分前のキャッチコピーですが皆さんの頭に入ってるとゆう事はスゴイ言葉と思いませんか?
覚えてない方は下記Youtubeのリンクをチェック↓↓↓↓

あ〜っ・・・と思い出される方も多いのでは?

愛だろ!愛!
https://www.youtube.com/watch?v=BHEv0a7SC74


芸能人は歯が命
https://www.youtube.com/watch?v=Sch9SXBaD7k


24時間戦えますか?
https://www.youtube.com/watch?v=746v_877dzI


ダダーン ボヨヨン ボヨヨン
https://www.youtube.com/watch?v=HnWU437Uv-8


いやぁ・・・懐かしい・・・!
あの頃に戻りたい!!
ダダ〜ン・・・に関しては意味すらわかりませんが強烈で
これを提案したクリエイターさん、受け入れた企業さんスゴいです!!

いや、それはさておき・・・

そもそもキャッチコピーの役割としては、商品や映画などのイメージを表し、
キャッチコピーの出来不出来で売れ筋が大幅に変わってくると言われる程重要なのです。
コピーを書く専門の職業、コピーライターがいるくらいですから本当重要なポジションですね。

有名な方ですと・・・糸井重里さんなどでしょうか?
「え?徳川埋蔵金を専門で探している人かと思ってました(汗)」
という方もいらっしゃるかと思いますがどうやら違うようです。

有名なキャッチコピーとしては↓↓↓↓
photo3
などなどジブリのキャッチコピーなどを手がけられてますね。
スゴい方です。

ちなみにキャッチコピーの歴史としては300年以上前に平賀源内が書いた
こちらが始まりだと言われてるとか言われてないとか・・・↓↓↓↓

 

photo5

もともと夏の時期に売れない「うなぎ」をいかに売るか?という事で作られた言葉・・・
たったその一つの言葉(キャッチコピー)・・・
そこからこの日本の文化(流行)を作ったのですから、
キャッチコピーの力ってスゴいですね・・・w

そう考えると日本の文化も誰かが仕掛けたものなんですね。
こないだ終わった恵方巻きも、バレンタインのチョコもお菓子メーカーが
あの手この手で流行を作っているのです。

そうジョージアのCMのキャッチコピーにある

photo4

 
が言っているように、
流行もまた誰かの手によって作られているのですね。

(すんごいカッコイイ キャッチコピーですね!)

そんな誰かが作った流行に流されている

あ・な・た!!!!!

まだ私のもとにはチョコが届いておりません!!

あきらめません、勝つまでは。
チョコをプレゼントしてもいいよ?って方は
フロンティアビジョン、平、、、いえワタリまで。

話は随分それましたが、
それではまた次回お会いしましょう。
さよなら さよなら・・・、、、、さよなら。

 

Web制作者向けの書籍8選

uchida
2015/02/10
閲覧所要時間:約3

こんにちは。内田です。
残寒厳しい今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか。

今回はデザイナーやフロントエンドエンジニア向けの書籍を紹介します。
このままの勢いで懐も寒くしてください。

PAK74_honyomuookawa1209500

デザイン系


眺めているだけでも楽しい本ですが、記載されている情報が詳細でわかりやすいです。
また、ジャンルに分かれてクオリティの高い作例が掲載されているため、
パターンに応じたデザインの引き出しが増えていきます。おすすめです。

Photoshopを使ったレタッチ系の技術書です。
「プロフェッショナル」と題するだけあって非常にレベルが高いです。
日頃、頻繁に画像補正などを行う方はチェックしてみてください。

そこらじゅうで話題になった本です。
もはや説明不要のレベルなので、読んで損することはきっとありません。


コーディング系


CSS設計の概念を体系的に学習することができる良書だと思います。
いまの自分のやり方を再確認して、ブラッシュアップされたい方におすすめです。
そのため、HTML/CSS初心者向けの本ではありません。

jQueryの開発者として知られているジョン・レシグさんの本です。

・複数のプログラミング言語を扱った経験がある
・クラスベースとプロトタイプベース、両方のOOPにある程度慣れている
・JavaScriptにおける、applyやcall、Array.prototype〜系の用途を理解している
・効率の良い書き方を知りたい(JavaScriptのプロを目指したい)

上記4点すべてに当てはまれば、買ってみる価値はあると思います。
ただ、翻訳本かつレベルの高い本なので、何度も読み返すことで理解できる場面が多いです。

jQuery系の書籍では群を抜いていると思います。非常にわかりやすいです。
参考書全般に言えることですがkindle版はおすすめしません。

phpの初心者向け本をひととおり読み終わった人向けだと思います。
やっぱり逆引きは1冊持っておくと便利。セキュリティ系の話もわりと掲載されてます。
(ただしセキュリティに関しては専門書を読むべきです)


その他


数年前の先輩から教えていただいた本です。シリーズ本がたくさんあります。
Web制作に携わっているにも関わらず、ネットワークの仕組みをほとんど理解していない人は結構いるのではないでしょうか。「デザイナーだからネットワークの知識はいらない」という理屈はWeb業界で通りません。

社内LAN用のルーター設定すらできないとちょっと格好がつかないです。
手軽に読めるくせに情報密度はすごいのでおすすめです。ネットワークの基礎を知りたい方はぜひ!

フロンティアビジョンのFacebook

デンタルWEB

求人情報

スタッフ紹介