• 投稿者サムネイル画像 yoshimoto
    • #マーケティング
    • #ライティング

「ブログの更新を頑張っているのに、いまいちアクセスが伸びない…。」
「自社サービスや商品のPRがうまくいかない…。」

ブログを執筆されている方や、自社サービスの開発やPRを担当される方は、
一度はこんな悩みに頭を抱えたことがありますよね。

実は、「お客様目線」に立つことを意識するだけで、改善できちゃうんです。

それでは、どうすればお客様目線に立つことができるのでしょうか?

今回は、「お客様目線に立つことができるようになるペルソナ」という方法、そして、ペルソナを設定すべき3つの理由について見ていきたいと思います。

ペルソナとは?

まずペルソナの概要についてご説明します。

ペルソナとは、自社サービスを利用する「架空の顧客像」のこと
ペルソナの設定とは、生活や人柄がイメージできるほど具体的に設定すること

になります。

「生活や人柄がイメージできるほど具体的に設定すること」とは、どいうことなのでしょうか?
下記をご覧下さい。

  • 京子さん(架空の名前)
  • 27歳
  • 女性
  • 営業職
  • 趣味は筋トレ
  • 独身(家族構成)
  • サバサバしていて、負けず嫌い。綺麗好き。(性格や価値観)

つまり、性格や趣味などまで詳しく架空の顧客像を想像し、設定することをペルソナの設定と言います。

それでは、次にペルソナを設定すべき3つの理由をご説明していきたいと思います。

ペルソナを設定すべき3つの理由

ペルソナを設定すべき3つの理由は下記になります!

  1. 顧客の視点に立てる
  2. 顧客への理解が深まり、顧客に提供すべきサービスが明確になる
  3. プロジェクトメンバー全員で共有できる

それでは1つずつ見ていきましょう!

1. 顧客の視点に立てる

詳細まで架空の顧客像を設定するからこそ、「顧客目線」を得ることができます。
独りよがりではなく、顧客目線に立つからこそ、顧客満足度の高いサービス・商品の提供に繋がります。

2. 顧客への理解が深まり、顧客に提供すべきサービスが明確になる

メリット1に付随していますが、顧客目線に立つ事で、顧客がどんなモノに興味を示すのか、どんなことで悩んでいるのか、抱える問題など顧客についての理解が深まります。
そうすることで、顧客に提供すべきサービス・アプローチ方法などが自ずと選定されていきます。

3. プロジェクトメンバー全員で共有できる

ペルソナの設定をプロジェクトメンバー全員で共有されることで、円滑にコンテンツを考案し発信することができます。
意見を擦り合わせる際に、ペルソナが判断の軸となり、統一感のあるコンテンツ制作に繋がるからです。

以上が、ペルソナを設定するメリットになります。

ペルソナを設定することで、顧客視点に立った満足感のあるサービスの提供に繋がるだけでなく、コンテンツの考案・発信時に置いても円滑に行うことができるんですね。
従って、ブログを執筆されている方や、自社サービスの開発やPRを担当される方にとって、ペルソナを設定することは重要になるというわけですね。

それでは続いて、ペルソナの設定方法について見ていきたいと思います。

ペルソナの設定方法

ペルソナの設定はスリーステップになります。

  1. 情報収集
  2. 情報整理
  3. ペルソナ作成

それでは、順に見ていきたいと思います。

1. 情報収集

最初に、架空の顧客像を設定するための情報を集めます。
参考として、具体的な方法を下記としては、

  • お客様へのインタビュー、アンケート
  • 顧客接点者(営業担当者)へのヒアリング
  • インターネットによる検索

などがあります。

顧客が自社のサービスに興味を持った「動機」「検討段階における情報収集」や「検索キーワード」「商品購入の理由」等はコンテンツ制作時に役立つので可能であればヒアリングしましょう。

2. 情報整理

情報収集のあとは、グループ分けを行い整理しましょう。
仕事情報、考えた方や価値観、情報収集の方法、購買に至った動機などそれぞれの質問の回答の中で似た傾向をまとめて、グループ分けします。

3. ペルソナの設定

グループ分けが終わったら、それぞれの傾向が見つかると思います。

それを一人の具体的な人物情報としましょう。
「既存の人物」の情報ではなく、典型的なパターンを見つけ、それを架空の人物として捉えることが大事になります。
また、行動の要員となる「動機」に触れながらペルソナを設定しましょう。

まとめ

最後にもう一度、ペルソナを設定すべき3つの理由について確認しておきますね!

  1. 顧客の視点に立てる
  2. 顧客への理解が深まり、顧客に提供すべきサービス・アプローチ方法が明確になる
  3. プロジェクトメンバー全員で共有できる

いかがでしたでしょうか?
ペルソナを設定することで、「顧客目線に立つ」ことができるので、ユーザーの満足度も高まることに繋がります。
ブログを執筆される方、自社サービスや商品を開発・PRされる方は是非やってみて下さい!

それでは今回はこのへんで失礼したいと思います。
ありがとうございました!