STAFFBLOG スタッフブログ

WordPressの標準管理画面が変わるよ

井上武明
2018/11/13
閲覧所要時間:約4

どうも、職場のディスク上にはいつもカメラが置いてある井上です。

ちょうど1年前はオールドレンズに手を染めているとブログに書いていましたが、その後フィルムカメラの方にも手を出しました。
毎月フィルム1本撮影するのが自分に課したノルマです。

管理画面が大きく変わるよWordPress 5.0

さて、ネット上のサイトの約3割で使われているというWordPressですが、その記事を書くエディタにはTinyMCE(タイニーエムシイイー)が長く使われてきました。
私がWordPressを使い始めた時には既に使われていたので、一体いつから使われているのか調査したところ、

2005年12月31日リリースの WordPress2.0
かれこれ約13年も使い続けられています。

ネットの世界で13年前と言えば、遥か昔の世界。
iPhoneやAndroidなどのスマートフォンは存在せず、インターネットといえばパソコンでやるのが当たり前の時代でした。

それほど長く使い続けられているものを変更するとやはり大変で、簡単には行きません。

例えるなら、今までキーボードで入力してたのをやめて、今後はフリック入力が標準にするよと言われるようなもの。
長くキーボード入力を続けている人ほど反発が強く、キーボードで入力しやすいようにしていた数々の工夫は一旦リセットされるような感じで、色々と反発がありました。
(ちなみに私も未だスマホのフリック入力が出来ません・・・)

それでも新しい時代に合わせた変革は避けることは出来ないと判断し、WordPressは2016年12月にGutenberg(グーテンベルク)という新しいエディタに変わるという方針を示し、実際に2017年7月にはテスト用プラグインがリリースされ、長い時間をかけて準備が進められてきました。


そしてついに11月19日にリリース!っと思いきや・・・

先週末にWordPress 5.0のリリース日は11月27日に延期すると案内されました。
11月27日も確定していないので、さらに延期となった場合は2019年1月22日まで伸びる予定です。

WordPress 5.0になったら、どうしたら良いの?

Classicエディタという追加プラグインをインストールすることで今までどおりTinyMCEが利用できます。
また、Gutenbergがメインエディタになった場合でも、それまでのデータが一括でGutenberg用のデータに更新される訳ではないようなので必要以上の心配はありません。
「旧エディタ」として今までどおりのエディタを使う事は出来るようです。

将来的にどこまでTinyMCEがサポートされるのかについてはまだ決定しておらず、現在の見込みは最低2021年末までを見込みにしようかと議論が始まったばかりのようです。

既存のWordPressはどう対応するの?

  1. 正式リリース前のために仕様が確定していないこと。
  2. Classicエディタとして現在のエディタを使い続ける方法が公式に用意されていること。
  3. 各サイト用にカスタマイズした部分が多いため、未検証のまま一律に変更をする事が出来ない。

以上の3点からClassicエディタを継続使用するプラグインを順次インストールしてまいりました。
セキュリティリスクによる緊急的なアップデートではないので、サイトの安定性を優先すべきであるという判断になります。

将来的にはGutenbergをベースにした管理画面に移管する必要がありますが、目新しさを優先して逆に使い勝手が悪くなるようではいけないので、サイトとしての目的を出来るだけ効率的に実現することを最優先に、順次対応していきたいと考えています。

普遍的な使いやすさの大切さ

自分がフィルム撮影に使っているのはニコンF3という1980年から2000年まで20年間もロングセールされていたカメラです。

最新のデジタルカメラと違って、どんな環境でも誰でもキレイな写真を簡単に撮影して、その場で撮影した写真を確認出来るわけではありませんが、「こんな風な写真を撮りたいから、こういう設定に」と思った時にストレスなく設定を変更して撮影させてくれます。

カメラと同じで、サイトの管理画面も必要な機能をしっかりと把握して使いやすいものは古くても使いやすいものです。

何でも出来る代わりに画面いっぱいのボタンが並び、何回もクリックしてやっと思った設定が出来るではなく、
シンプルで必要な機能に出来るだけ簡易にアクセスでき、必要な場合は難しい設定でも対応が出来る柔軟性を持つ。

そんな使いやすさを目指したいと思っています。

最後にGutenbergを実際に使ってみよう

WordPressの日本語公式サイト内にはGutenbergを実際に触れるデモ用ページが用意されていますので、気になる方はぜひ一度お試しを。

新しい Gutenberg 編集エクスペリエンス
https://ja.wordpress.org/gutenberg/

Adobe After Effects CC でテキストアニメーション 〜 タイプライター風 〜

araki
2018/11/09
閲覧所要時間:約7

皆さぁーーーーーーーーーん♪
こんにちはぁーーーーーーーー!!!!

9月に第一子が誕生して、おとっさぁーんとなりました荒木でございます( ͡° ͜ʖ ͡°)

最近娘が産まれて写真を沢山撮ってしまうので、
将来たまちゃんのパパみたいになってしまうのではないかと、
自分でも不安になっている今日この頃でございます。

出産時のエピソードなど色々とありますが、
それはまたの機会に♪




っということで前置きはさておき、
今回は私もここ最近初めて手をつけた「After Effects CC」を使って、
テキストアニメーションを作ってみよう!第一弾でございます!

私自身今までAdobe Premiere Pro CCしか使っておらず、
どうもAfter Effectsって難しそうっていう印象を持っており、
なかなか手を出せずにいました。

しかし先日制作実績の方へも登録させていただきました
株式会社木村様の飛創立65周年記念式典用の動画を制作させていただいた際に、
もっと動きのあるアニメーションを作りたいと思い、
ついにAfter Effectsを導入することを決めました!!




Adobe After Effects CC とは?

まず「After Effects」ってそもそもなんなの?っという方向けにWikipediaの説明を引用させていただきます。

Adobe After Effectsは、アドビシステムズが販売している映像のデジタル合成やモーション・グラフィックス、タイトル制作などを目的としたソフトウェアであり、この分野では代表的な存在である。「A.E.」「AE」「Ae」と略されることもある。

出典:Wikipedia




また恥ずかしながら私も最近知ったことで、
「After Effects」をなんと読むのか。
「アウターエフェクト?」それとも「アフターエフェクツ?」

正解は後者の「アフターエフェクツ」だそうです!

滑舌があまり良くない僕によっては最後の「ツ」がどうも言いにくくてw
まぁぼちぼち「アフターエフェクツ」って言っていきたいと思います・・・( ˙-˙ )




「タイプライター風」のテキストアニメーションを作ろう!

それでは早速作り方についてご紹介していきます٩( ‘ω’ )و!
これを覚えたら1分もかからずに「タイプライター風」のテキストアニメーションを作ることができますよ♪




【Step1】新規コンポジションの作成+文字の入力

まずはじめに新規コンポジション※を作成します。
コンポジションとは?
動画素材や画像、音楽などの素材を配置するための土台のようなもの

コンポジションを新規で作るときは、
下記の2つの方法で作成が可能です。
  1. 「コンポジション」→「新規コンポジション」を選択
  2. ⌘N(command+N)のショートカット

今回は新規コンポジションの名前を「タイプライター」とします。


「タイプライター」というコンポジションが作成できたら、
左上のツールパネルの中から「 T(文字ツール) 」をクリックし、
次に中央の黒いコンポジションパネル※上でクリックするとテキストを入力することができます。
コンポジションパネル
プレビューで確認するところ。実際のアニメーションの動きなどが確認できます。

テキストのフォントや段落に関しては、
右側の文字パネルと段落パネルで調整してください。




【Step2】エフェクト&プリセットを適用させる

まず画面右側の「エフェクト&プリセット」から先ほど入力したテキストへ適用させるアニメーションを選択します。

今回のタイプライターのアニメーションは下記手順で見つけることができます。
「①エフェクト&プリセット」→「②Text」→「③Animate In」→「④タイプライタ」

この「④タイプライタ」をタイムラインパネル※状のテキストへ直接ドラッグ&ドロップするか、
テキストを選択した状態で「④タイプライタ」をダブルクリックすることでアニメーションを適用することができます。





これで終わりです!!!!!

▼完成したものがこちら
※↑GIFアニメに変換しております。


「えっ?これだけ?」っと思う方もいらっしゃるかと思いますが、
そう!!これだけなんです!!!

めちゃくちゃ簡単に「タイプライター風」のテキストアニメーションができるんです!!!!




【番外編】カーソルありのタイプライターにしたい!


▼完成したものがこちら(カーソルあり)

カーソルがあった方がよりぽくなりますね(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

カーソルありの場合、
無料で配布されておりますプリセットを新規でダウンロードする必要があります。

▼ダウンロード画面
QE+
http://qep.jp/products/freedownload/m06.html


ダウンロードが完了したら、
ファイルを解凍し、中に入っている「カーソルタイプライタ.ffx」というファイルを
After Effectsフォルダ内にあるPresetsフォルダへコピーします。

▼コピー先ディレクトリ
/Applications/Adobe After Effects CC 2019/Presets/

※今回は元々あった「タイプライタ」と同じ場所で管理したかったので、
下記ディレクトリへコピーしております。
/Applications/Adobe After Effects CC 2019/Presets/Text/Animate In/


コピーした際に下記のようなウィンドウが表示されますが、
「認証」を押していただくとコピーを完了することができます。


コピーが完了したらAfter Effectsの画面に戻り、
右側のエフェクト&プリセットパネルの「三」をクリックし、
一番下の「リストを更新」をクリックすることで、
先ほどコピーしたプリセットを読み込むことができます。


後は先ほど説明した【Step2】の手順で適用させてあげると完成です♪





【Step3】完成したら実際に書き出してみよう!


動画を書き出す方法は2通りあります。

【方法1】After Effectsから直接書き出す
まずAfter Effectsから直接動画を書き出す方法として、
「ファイル」→「書き出し」→「レンダーキューに追加」
を選択すると下記のような画面になります。

この画面では、
出力する際の設定をしたり、
保存先やファイル名を指定することができます。

設定が完了したら右側にある「レンダリング」をクリックして完了です。



【方法2】Adobe Media Encoder経由で書き出す
「ファイル」→「書き出し」→「Adobe Media Encoder キューに追加」

次に同じAdobe製品でもありますMedia Encoderというソフトを使って書き出す方法をご紹介します。
Adobe Media Encoderとは?
Adobe Premiere Pro、Adobe After Effects、Adobe Audition、Adobe Character Animator および Adobe Prelude の動画や音声ファイルを変換・書き出しができるソフト。ソフトによっては書き出しと編集が同時にできない場合にMedia Encoderを使うと便利。

Media Encoderでは様々なデバイスに対応した形式で書き出すことができますので、
是非目的にあった形式を探して書き出してみましょう♪

最後にキーボードを叩く音と組み合わせるとよりそれっぽくなります♪
(効果音はフリー素材のものを使っております。)



以上でテキストアニメーションの作り方から動画の書き出しまでの流れをご紹介させていただきました!!!




最後に

いかがでしたでしょうか。
After Effects1年生の私からすればまだまだ未知な部分が沢山ありますが、
もっと腕を磨いて様々な表現ができるように頑張りたいと思います( ´ ▽ ` )ノ

またAfter EffectsやPremiere Proなどの記事を書きたいと思いますので今後もよろしくお願いしますぅ〜〜♪



▼今回参考にさせていただきました記事はこちらです♪
After Effectsでタイプライター風のテキストを作る
https://vook.vc/n/67

スマートなクリーニングサービス、LAGOO(ラグー)のご紹介

sawamichio
2018/11/08
閲覧所要時間:約3

こんにちわ!
相変わらずヘルニアに悩まされている今日この頃、
SAWAMICHIOです。

こちらのブログ上ではお伝えしてなかったのですが、
実はワタクシ昨年より、LAGOO(ラグー)というプロジェクトに携わっております。
弊社で一から立ち上げたサービスで、ウェブ制作とは違う、一般ユーザーに向けた
B to Cのサービスになります。
今日はそのラグーのご紹介をします。

LAGOO(ラグー) って何?

イメージ画像
ラグーとは、一言で言えばクリーニングサービスです。
しかし普通のクリーニングと違って、ラグーの店舗があるわけではありません。

最近ヤマトさんが行なっている宅配ロッカー事業のように、
ラグー専用のクリーニングロッカーがあって、
それをスマートフォン用のアプリで操作します。

これまで、営業時間に限りのある店舗型サービスと違い、
人を介さず、24時間クリーニングのやりとりができる画期的なサービスです。
ちなみに、クリーニング自体は大手協力企業のホワイト急便さんが行っています。


ネーミング&ロゴマークについて

ネーミングにはおそらく100案以上、4ヶ月ほどかけて議論を重ね、
最終的にはサービスの核であるLockerの「L」とApplicationの「A」の頭文字をとり
「LAGOO(ラグー)」という造語をサービス名称に採用しました。
意味性よりも感覚的な響きを重視し、待ち時間なくスムーズにやりとりできるスピーディーなサービスの特徴を伝えるため、どこか“動詞”っぽいニュアンスを持たせました。

よくある “〇〇〇クリーニング” とかにしなかったのは、今後の展開に向けた布石でもあります。

ラグーってどこにあるの?

現在栃木、東京、福岡、熊本市内 合計17ヶ所に設置しています。
試験的に熊本で運用していましたが、これから全国規模で続々増えていく予定です!
↓下記リンクからお近くのラグーを探せます。
近くのラグーを探す


まずは、アプリをダウンロード

ラグーをご利用になるには、まずアプリをダウンロードして会員登録しなければなりません(登録・年会費無料)
アプリをダウンロードして、お近くのクリーニングロッカーを探してみましょう!
クリーニングのオプション指定や料金精算もすべてアプリから行えます。

アプリのダウンロードはこちら
アプリの使い方はこちら


プロモーションムービー

夏頃、ラグーのプロモーションムービーを撮影しました!
180度回転する斬新なカメラワークで、“スピード感”と“サービスの新しさ”を伝えることにチャレンジしています。
↓ぜひご覧ください!
▼LAGOO ラグー 「フルバージョン」PV


▼LAGOO ラグー 「サラリーマン編」PV


▼LAGOO ラグー 「親子編」PV


▼LAGOO ラグー 「私服男性編」PV

今年のハロウィンはスポーツだぁ〜〜〜!!!

yabushita
2018/11/01
閲覧所要時間:約2

こんにちは!
皆さんいかがお過ごしでしょうか?ヤブシタです。

先日「あずきの力 目元用」という温熱ピローを買い、とても癒される日々を過ごしております。
気になった方は調べてみてください(^o^)/

さて、今回は10月31日に行われたハロウィンの様子をご紹介いたします♩

ちなみに去年のハロウィンの様子はこちらからご覧ください!
ハッピーハロウィン!仮装してパーティーしました!

さてさて…
今年のハロウィンは仮装してピザ…ではなく、会社近くのスポーツスタジアム トウヤにFVメンバー複数名で行ってまいりました(^O^)/

とりあえず、参加者全員が揃うまでエアホッケー対決!

すでに白熱した戦いが繰り広げられております(笑)


意地でもパックを入れられたくない ゆり氏
何故か乗り上げています(笑)



結果はまさかの同点!!!まだ到着してすぐなのに汗かきました(笑)


バッティング開始〜〜〜!!!

残りのFVスタッフも続々と集まってきたので、バッティングを開始しました(^O^)/

井上監督のもと選手たちは打席にたちます。

西村選手、余裕の笑みですね〜!

川口選手もカキーンと打っております!


仕事帰りのサラリーマンの方なども居て、ストレス発散にバッティング良いんじゃないかと思いました♪( ´θ`)ノ


盛り上がった卓球

お次は卓球!
色々な組み合わせで試合を行いました!

フェイントをかける橋本さん


球の様子を見守る 藤江さん・ゆりさん(この時私は打ち返せなかった…)

「あ”ーーー」と言ってる私

爽やかスマイル堀川くん

先輩たちの視線を一気に受けるフジモン



様々な技も繰り広げられました↓


そしてトーナメント戦もしたのですが、最後まで残った藤江さんVS川口くんの試合もアツかったです!

優勝者は藤江さん!おめでとうございます(^O^)/

まとめ

普段なかなか体を動かす機会がないので、久々に「動いた〜」という気持ちになれました(笑)
良い汗をかいて楽しかったです♪
また機会があれば、仕事終わりなどにスポーツできたらなと思います(^○^)

それでは、ばいなら〜〜〜(^_^)/

トウヤ
http://www.ss-toya.com/

フロンティアビジョンのFacebook

デンタルWEB

求人情報

スタッフ紹介