熊本県

信頼に基づいた二人三脚「DXツール制作の計画立案から導入までの道のり」

日本全国の信号機の半数以上を生産、販売する信号電材株式会社では、SCMのDX(デジタルトランスフォーメーション)に取り組んでいます。業界において後発の立場であることから、大手が対応できないような個々の顧客の要望に対応することで、シェアを伸ばしてきました。

個々の顧客要望に対応した個別受注対応はシェア獲得に有効でしたが、シェアが大きくなった現在では、毎年膨大なカスタム製品が生まれ、製品情報(図面や部品表など)の管理が大きな業務負担となるように。

その結果、情報活用の肝である完全性と可用性が確保できないことで、受注すればするほど増える情報により労働生産性が低下する問題を抱えていました。

アルサーガパートナーズはそんな信号電材株式会社のDXパートナーとして、2022年10月からDX計画策定やシステム開発などの面で伴走させていただいております。

今回は、DXツール制作の計画から現在までの道のりを振り返り、弊社メンバーとの対談形式でお話を伺いました。

今のDXプロジェクトの概要について教えてください h1

日本全国の信号機の半数以上を生産、販売する信号電材株式会社では、SCMのDX(デジタルトランスフォーメーション)に取り組んでいます。業界において後発の立場であることから、大手が対応できないような個々の顧客の要望に対応することで、シェアを伸ばしてきました。

今のDXプロジェクトの概要について教えてください h2

「多すぎる」データを逆手に活用 h3

信号電材 松尾様:

「過去の数年分の製品が特定できるマスターデータを作って、効率的に管理しよう」ということで、製品カタログ形式のアプリケーションの導入を考えるところから始めました。

弊社では過去に設計した図面を転用することが多いのですが、それらのデータは案件が増えるのに伴い積み重なっていく状態なので、見つけるのに時間がかかるんですよ。多すぎて。

案件数が年間に数千件あるんです。

アルサーガパートナーズ 山口:

案件だけで!?

見出し3タイトル

本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。

本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。

見出し4タイトル

本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。

本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。

見出し5タイトル

本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。

本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。

ホームページ制作・Webマーケティング・システムに
関するお問い合わせ・ご相談・お見積もり依頼

サービスのご相談やお見積もりなど、お気軽にお問い合わせください。
お客様の中で具体的に固まっていない場合でも、弊社のノウハウを結集し最適な答えをご提案します。

まずは相談する(無料)(メールでのお問い合わせ)

Tel:096-283-2600

お電話受付時間/月曜〜金曜 9:00〜18:00(土日祝を除く)