STAFFBLOG スタッフブログ

メジャーリーグのSNS活用

makoto
2018/06/20
閲覧所要時間:約6

自己紹介

ウェブディレクター兼フロントエンドエンジニアの誠です。
フロンティアビジョンのブログには初投稿です。
緊張しますね。
よろしくお願いします。

大谷翔平

突然ですが本当にすごいですよね。

160km越えの速球で三振の山を築き。

打撃も好調。
大谷は今メジャーリーグ(MLB)で一番見てて楽しい選手ですね。

ところで引用したツイートには動画が埋め込まれていますが、これはたまたまではありません。
最近MLBでは動画などをつかったTwitter活用に取り組んでいて、
今回取り上げたツイートもその中の一つです。
今回のは、このようなMLBのTwitter活用事例をいくつか紹介します。
もしかしたら皆さんの仕事に生かせる事例もあるかもしれませんので、参考にしてみてください。

画像を埋め込んだツイート

MLB各球団はほぼ毎日20ツイート以上していますが、画像の運用は思ったよりも簡単です。
元になる画像(テンプレート)だけ専門のデザイナーに用意してもらい
担当者は中のテキストと写真を入れ替えるだけ。
最初の準備に少しの手間をかければこの様な画像配信ができるようになります。

先発メンバー表(サンフランシスコ ジャイアンツ)

試合前には先発メンバー表を画像にして配信しています。
先発メンバー表はテキストだけでも表現できますが、画像はインパクトが違います。

途中経過(ロサンゼルス ドジャース)
2回終了時点

5回終了時点

途中経過も画像でツイート。ジャイアンツが負けていて大変悔しい場面ですが、
球場の臨場感と試合の経過を同時に伝えています。

アニメーションGIFを埋め込んだツイート

アニメーションGIFは動画よりも軽く、静止画にはない動きがあります。
もちろん、ここでもテンプレートを利用していることがうかがえます。
アメリカ的な表現が多いですが、アプローチなど参考にできる部分は多いのではないでしょうか。

ホームラン(ニューヨーク ヤンキース)

ヤンキースでホームランが出るとこの様なアニメーションGIFがツイートされます。このホームラン用アニメーションGIFはしっかりとデザインされているため、ファンに非常に強い印象を与えます。
2018年シーズンのヤンキースのアニメーションGIFはどれもこれも非常に凝った作りになっているので必見です。

オービット(ヒューストン アストロズ)

MLB No.1 マスコット(何)のオービットです。アストロズはこのアニメーションGIFをかなり便利に使っています。

例えばこのように。

これはアストロズが12連勝したときのアニメーションGIFですが、
前に紹介したアニメーションGIFに少しの加工を加えただけだということが分かると思います。
広報用の素材をストックしておけば、こんな風に発信する内容の幅をひろげることができます。

動画を埋め込んだツイート

最近はMLBのほとんどのツイートに動画が埋め込まれています。
1分未満の短い動画がほとんどですが、試合の雰囲気を伝えるには十分です。

ホームラン(ワシントン ナショナルズ)

ファインプレイ(アリゾナ ダイヤモンドバックス)

勝利(サンフランシスコ ジャイアンツ)

たとえ1分未満の動画でもテキストや写真とは比べものにならない情報量がコンテンツに詰め込まれていることが分かると思います。動画の力、伝わったでしょうか。

同じようなことをするためには?

最近はオンラインで簡単に画像やアニメーションGIFを作成することが出来るサービスもかなり整ってきています。
例えばアドビ社の「Spark」。
PCさえあればブラウザのみで利用できる画像編集ツールです。
これを使えばMLBの様な画像配信も実現できるかもしれません。
iOS用にはアプリも用意されているので、興味ある方は試してみてはいかがでしょうか?

Adobe Spark
https://spark.adobe.com/


紹介記事
http://unitopi.com/adobe-spark-post/


スマートフォンの普及で動画の撮影やアップロードも以前とは比べものにならないほど手軽になりました。
画像を編集するためのオンラインツールなどもそろってきて、
今回紹介したようなプロモーションができる環境はすでに整っています。

今回の記事をみて興味を持った方。今すぐ試してみましょう。

産前&産後向けアプリ6選

wakui
2018/06/12
閲覧所要時間:約2

こんにちは!涌井です!

今年のフロンティアビジョンは出産ラッシュ!ということで
便利な産前&産後向けアプリをいくつかご紹介したいと思います。

かく言う、私も妊娠7カ月に突入しまして…
数々のアプリを使ってマタニティライフを楽しんでおります。

産前向けアプリ その1

まず始めにご紹介するのは、私が愛用しているトツキトオカというアプリです。
週数のカウントやアドバイスを見るのに重宝しています!
トツキトオカ




似たようなアプリはたくさん出ているのですが、イラストがかわいいのとアプリデザインの統一感でこちらに落ち着きました。体調記録や健診記録もつけられるようなのですが、そんなマメなことはしていません(・・;)



産前向けアプリ その2

続いてご紹介するのがママリです。出産から子育てまで、様々な質問と回答が飛び交う掲示板のようなアプリです。妊娠・出産、お仕事、お出かけなど、タグごとにリストがわかれているので、ごちゃごちゃせず使いやすいです。
ママリ




私は所在地を登録しているので、ホーム画面に熊本県に関する情報が流れてきます。自分から積極的に質問をすることはないのですが「ほうほう。こんなサービスもあるのね〜」と眺めるにはいいアプリだと思います。



産後向けアプリ

ここからは産後向けアプリのご紹介です。
気が早いのですが、上の2つは既にダウンロードしてスタンバイしております(笑)


まいにちのひよこクラブ

寝顔や泣き顔など、テーマに沿って写真をコレクションしていくアプリです。
空欄を埋めていく感じがスタンプラリーっぽくて楽しめますね。


ノハナ

毎月1冊無料(送料別)でフォトアルバムを作れるアプリです。
生後1カ月、2カ月…とアルバムを作れたら素敵ですね!そんなマメな(略)


なきやみbaby

赤ちゃん泣き止みアプリは数あれど、これが評判いいみたいです。
乳児を抱えるN村さんに是非試していただきたいです!


Chatterbaby

赤ちゃんの泣き声から泣いている理由を解析するアプリです。なんと精度は約90%!
お腹が減っているとき、痛いとき、わめいているときのパーセンテージがグラフで表示されるようです。



いかがでしたか?

ニッチなアプリのご紹介になってしまってすみません。
この他にも産前産後におすすめのアプリがあれば、是非教えていただきたいです。
では!!!

入社して一年。スリッパが壊れました。

2018/06/06
閲覧所要時間:約4

どうも。お久しぶりです!
昨年の春に入社して丸一年経ちました新米デザイナーフジモトです。

1年経ったということは、当然毎日履いていたスリッパも1年経ったということで、傷みが露わになってきました。。。

1年もの間、ノーメンテでスリッパを履き続けると案外傷んでくるんですね・・・汗
(普段、家でスリッパを履かないので、スリッパの耐久性が通常どのくらいかは知りませんが笑)

どう傷んでるかと言いますと、つま先がブラ〜ンとなってしまっています・・・・(゜o゜)アンレマー


多少の欠陥故障でまだ使える物は、捨てずに直して使う心優しいフジモト(貧乏性)
ともに1年間歩んできたスリッパを復活させることを決意しました・・・!キラキラ

どうやって直すか

さて
直すとは言ったものの、問題はどうやって直すかですよ。

Thinking Now……
過去20年に渡る壮大な人生経験から得た知恵を振りぼって・・・・・・・・・・!
<<<< 思考ノ海ヲ 潜行セヨ >>>> 

えぇ、こういう茶番は置いといて・・・

今回修理に使うアイテムは、僕が趣味でやっている「スケボー(スケートボード)」でよく使う
「Shoe Goo(シューグー)」
という接着剤とパテを足して2で割ったような靴の補修剤です!
スケボー知らない方はご存じないかと思いますが、結構靴にダメージくるんですよ

今回はこの「Shoe Goo」を使ってスリッパの修理をしていきたいと思います!

そもそも「Shoe Goo」とは

えー、自分も長く愛用してきたアイテムですが
実際のところ、詳しく「何」なのかよく分からなかったので少し調べてみました!


シューグーは誰にでも簡単に使用できる“靴の補修剤”です。日本国内では1978年より発売され、長く愛用され続けております。
特徴は約24時間で硬化し、乾くと合成ゴムになります。

擦り減った靴のかかと補修やソール剥がれ修理はもちろんですが、接着力がとても強いため、靴以外でも木・金属・皮革・コンクリートなど、様々な素材でも使用することができます。

出典:Shoe Goo公式サイト


とのことですが。。。。
「接着力がとても強いため、靴以外でも木・金属・皮革・コンクリートなど、様々な素材でも使用することができます。」
このワードに宇宙的可能性を感じますが、つまり何にでも使える万能接着剤みたいですね。

早速手術に入っていきましょー!

正直
接着剤を患部に付けて乾かすだけなんで、大した作業ではないです笑
ただ、注意することは「Shoe Goo」は強力なので付けなくてもいい部分に付けないこと!
あとで乾いてしまったら、本当に剥げませんから!!
(何度実家の玄関にShoe Gooを付けてお袋に怒られたことか・・・・)

手順としてはこんな感じです!↓

1.Shoe Gooを適当な棒につける。今回は割り箸で作業しています。
※新品の場合、ヘラが二本付属しています。

2.補修したい部分にネチョネチョ塗りたくる。
周りに塗らないように気をつけましょう!

3.動かさないように乾かす。
事情を知らない誰かが触らないようメモを貼ることをオススメします。
(家出少年みたいになってしまいました笑)

4.今の季節(夏)でしたら補修部分の面積にもよりますが30分から1時間くらいで大丈夫です!
冬なら1時間以上は放置しておいた方がいいと思います!

はみ出してしまった場合、乾いた後にサンドペーパーで削るといいですよ!
その際は、元の素材まで削ってしまわないように注意しましょう!

以上で、オペは終了です!お疲れさまでしたー!

まとめ

いかがだったでしょうか!
Shoe Gooは靴に限らず、DIY全般にも使えそうです!

他にも、
おじいちゃんの大事な花瓶を割ってしまったときや、些細なことで生まれた友人との深い亀裂の修復にも使えそうですね?!

何にでも使える万能接着剤! 困った時は、ぜひ使ってみてください!

Amazon
http://amzn.asia/j4Jw7b0


最後に

熊本もついに梅雨に入りましたね。
僕は晴れていないとできない趣味が多いので、この時期は何かと物足りませんね〜(トホホ)

雨の日の運転・渋滞等にはお互い気をつけましょう!
それではまた! (^o^)ノシ

iPhone Xを半年間使ってみた感想

2018/06/01
閲覧所要時間:約3

こんにちは、堀川です!!

前回の投稿
Face IDは双子をきちんと判別できるのか?
https://www.fvs-net.co.jp/blog/13824

から約半年が経ちました。
相変わらず弟にロック解除されてしまっております(笑)

そのことは置いといて、今回はiPhone Xを半年間使ってみて感じたことをざっくりとまとめてみようと思います!!


直感的なジェスチャー操作

個人的に一番すごいなと感じたのが、直感的な操作感です!!
ホームボタンが廃止されたことにより、

  • ホーム画面に戻るには画面下部から上にスワイプ
  • マルチタスク画面を開くには画面下部から上にスワイプし画面中央で停止

と今までホームボタンで行っていた操作が全てジェスチャー操作へと変わりました。
他にも画面左下から右へスワイプするとアプリ間の移動ができるなど、最初は操作に戸惑うかもしれませんが、慣れてしまえば逆に「あれ?ホームボタンって別にいらないんじゃ?」と思える程です(笑)


カメラの性能が良い!!

スマホのカメラ性能は年々向上していますが、iPhone Xのカメラは特にすごいです!!
なかでもiPhone X / iPhone 8 Plusに新しく追加された「ポートレートモード」
被写体に焦点を当て、背景をぼかしてくれるモードです!
カメラに関しては全くの素人ですが、このモードのおかげでなかなか良い写真が撮れている気がします(笑)

「ポートレートモード」がどういったものなのか、実際に普通に撮影したパターンとポートレートモードで撮影したパターンを紹介しようと思います!!

朝たまたまいた籔下さんに撮影に協力していただきました!!

[通常の写真]


[ポートレートモード_自然光]


[ポートレートモード_スタジオ照明]


[ポートレートモード_輪郭強調照明]


賛否両論のFace ID

前回のブログでも紹介したFace ID。顔認証でロック解除できる機能です。
これに関しての正直な感想は「微妙」です^^;
購入してすぐの頃は、「顔を向けるだけでロック解除できる!!すごい!!」と思っていたのですが、しばらく使っていると…

  • マスクをしていると認識されない
  • 寝起きだとなかなか認識されない
  • 中途半端に顔を向けたり、角度が悪いと認識されない
  • 双子でもロック解除できる(←重要!!)

など、どちらかというとマイナスな印象の方が多く感じました。

最後の意見に関しては完全に個人的なものですが、「マスクをしていると認識されない」は、
風邪をひいてる人や花粉症の人にとってかなり不便に感じるのではないかな思います。


まとめ

以上が実際に半年間使ってみた感想でした。
Face IDだけが少し「う~ん…」っていう感じでしたが、直感的な操作やカメラ性能に関しては申し分無いのでとても満足しています!!
ではでは~!!

フロンティアビジョンのFacebook

デンタルWEB

求人情報

スタッフ紹介