STAFFBLOG スタッフブログ

こんにちは。くまほんにんです。。。

yuri
2016/07/25
閲覧所要時間:約2

こんにちは。
豆柴くんと一緒に寝るのが夢の渡邉です。(現在犬は飼っていません☆)

P8143767
さて。
先日実際にあった出来事です。
あるsnsのグループ内でわたくしがこんな発言をしました。

「熊本市内中心部(熊本人が「街」と読んでいるところ)で、お食事会を開催します。」

この文章。
わたしから見れば特に違和感を感じるところはありません。
ですが、衝撃的なことは、その後起きました。

(熊本人が「街」と読んでいるところ)

↑ここを

(くまほんにんが「まち」と読んでいるところ)

そう。

熊本人=くまほんにん=熊さんご本人

kuma
そ、そんな読み方が、出来るなんて。。。

生まれも育ちも熊本で、父も母も『熊本人』だったわたしにとっては『くまもとじん』以外の読み方は、頭の中に全くありませんでした。
そして、最初は「くまほんにん」と読んだのも、その方の冗談かと思っていたのですが、思いの外、本気だったようで…

ということで!
今日は我が家の子ども達もほとんど理解できない熊本弁を、いくつかご紹介したいと思います。

共通語【今日は、本当に暑いね。】

さあ、熊本弁では、どのように言うのでしょうか。

・今日は、あちーねー
・なーばあちー
・今日は、ほんなこて暑かー
・今日は、なんさま暑か
・今日は、だこあちー
・今日は、たいぎゃな暑かね

たぶん、まだまだ他の言い方があると思います。
熊本弁と一言で言っても、隣町に行けば違う言い方をしたり、熊本の中でも通じないものもあったり…

さあ、そんな熊本弁。
みなさんは、この熊本弁の意味わかりますか?

なーんさまむぞらしかけん、とっとってよ。

では。

池島アゲイン (ほぼ写真・・。)

sawamichio
2016/07/19
閲覧所要時間:約1

blog-20160719-05
お陰様でつねに多忙中のわがフロンティアビジョンですが、
先々月に池島へ社員旅行に行ってきました。

↓スタッフがすでに当日のゆかいなレポートをあげております↓

社員旅行で池島炭鉱に行ってきました



行く前は最近流行りの? HDRで写真を撮ろうと準備に余念がなく、
レンズなど意味もなく3回ほど磨いて臨んだのですが、
何と、船で島へ向かう前の港でカメラを置き忘れてしまいました。。

と、ゆーことで、島で観光中、自慢のカメラでみんな思いおもいに写真を撮っているのを尻目に
終始ボーっとしてはワタシですが、帰る間際持参してたiPadにカメラが付いているのに気付き(普段カメラ機能は全く使いません)
ギリギリ、なんとかその姿をデジタル化することができました。

人に写真を見せるたびに、「よくわからん」、「暗い」、「どこだかわからん」と、よく言われるのですが、
撮っている本人はFV1明るい人間です^^

おそらく。
そして。。。


blog-20160719-01



blog-20160719-06



blog-20160719-04



blog-20160719-03



blog-20160719-02

ウェブは5年ひと昔ではなく5年ひと時代みたいです。

井上武明
2016/07/15
閲覧所要時間:約6

ポケモンGOがアメリカで大フィーバー!!
今日がファミコン発売開始日らしいので日本解禁を期待していました・・・まだみたいですね。

『Pokémon GO』公式サイト
http://www.pokemon.co.jp/ex/PokemonGO/


そんな今日誕生日のファミコンが発売された1983年をインターネットの歴史で見ると


1983年のインターネット

  • 学術研究と軍事技術に作られていたものが分離
  • TCP/IPが標準プロトコルとして採用
  • IPv4アドレスが使われるようになり
  • DNSが誕生

出典:インターネット歴史年表 – JPNIC / 【1983年】


だそうで、つまりインターネット誕生前のようです。

そんな事を考えてたら大学で建築学を学んでいたためか、1年ほど前のウェブデザインの進化の過程を西洋建築史になぞらえた記事の事を思い出しました。

この記事ではウェブデザインと建築は以下の4つの共通点があるとし、その共通点から西洋建築史からウェブデザインの歴史を分析しています。


ウェブデザインと西洋建築史の共通点

  1. 人が集まる場所として機能する
  2. 実用的に作られている
  3. 技術の進歩に大きく左右される
  4. 実用的だが、間違いなくアートでもある

出典:建築史に隠されたウェブデザインの未来 — Japanese Official — Medium



詳しくは実際のページを参考にしてもらうとして、ウェブデザインは約5年程度のサイクルで西洋建築史における一つの時代に相当する変化が起こっているみたいです。

ウェブの新石器時代(1990〜1995年頃)

テキストとハイパーリンクしか扱えなかった最も古い時代

世界最初のウェブサイト
上は世界最初のウェブサイト info.cern.ch の画面です。
現在は復刻版として公開されています。

世界最初のウェブサイト info.cern.ch
http://info.cern.ch/hypertext/WWW/TheProject.html


ちなみに日本で最初のウェブサイトは1992年9月30日で文部省高エネルギー加速器研究機構 計算科学センターの森田洋平博士によって発信されたものだそうです。
こちらも復刻版として公開されています。

日本で最初のウェブサイト
http://www.ibarakiken.gr.jp/www/


さすがに新石器時代だとオタクというよりも研究者の世界ですね。
この当時もパソコンは存在してパソコン通信と呼ばれるサービスがありました。(やったことはありません)
パソコン通信はインターネットとはちょっと違いますがデザイン的には同じようなものだったようです。

ウェブの古典建築時代(1996〜2000年頃)

要素や構造が整理され、小さな画像がいくつか利用できる程度の時代

通常の電話回線を使ってインターネット接続するダイヤルアップで、遅い通信速度しかなかった時代ですね。
小さな画像1枚を表示するにも数秒〜数十秒待たされて、本当に重要なところにだけ画像が使われていました。

YAHOO! JAPANがスタートしたのが1996年で、冒頭の話題となったポケットモンスターも初代発売が同じ1996年。(同級生!)
その頃のページはインターネット・アーカイブで見ることができます。

1996年11月20日のYAHOO! JAPAN
http://web.archive.org/web/19961120065342/http://www03.yahoo.co.jp/


ソースコードを見るとgif画像が4枚しかなく、それぐらいしか使えない時代ですね。

ちなみに私がインターネットを初めて知ったのが1999年頃。
当時はパソコンではなくドリームキャストでネットサーフィン(←死語)していたオールドタイプです。

ウェブのロマネスク建築時代(2001〜2005年頃)

画像が多く利用できるようになり、質感が表現され始めた時代

ADSLなどブロードバンド化の恩恵で多数の画像を使っても大丈夫になり、カラフルになってきました。
とりあえずホームページを持ちたいブームで、ホームページ・ビルダー風味満載の原色系ウェブサイトがいっぱいありました。

印刷物などは基本的にプロが作ったものを通常目にしますが、この頃のウェブサイトを見てると「配色センスが大切」と感ますね。

ちなみにガラケーのiモードなどもこの頃からです。
当時は絵文字で文字化けとかよく聞きました。

ウェブのゴシック建築時代(2006〜2010年頃)

Flashブームでそれまで不可能だったアニメーションや過剰な装飾が好まれた時代

Flashだけで作られたページが本当に多くありました。
無駄に凄いアニメーションのFlashサイトが大人気でした。
Flashで動画再生が出来るようになりYouTubeもこの頃生まれました。

\\  !! Flash大人気 !! //

そして2010年4月、ジョブズが「iPhoneでFlashをサポートしない(使わせない)」と宣言。

Flashは一気に衰退していきます。

ちなみにこの時代にGoogleMAPが登場し、それまで嫌われていたJavaScriptがAjaxの流行と共に見直され始めます。
jQueryが登場し、それまでFlashでしかできなかった事ができるようになりました。

昔のJavaScriptは「いらない子」扱いだったんですよ。

特にFlashはその中でしか動作させられませんが、jQueryはウェブページ全体で離れた場所でも動作させられるのが特徴です。
今では当たり前のタブ表示やアコーディオン処理、画像をクリックすると大きな画像を表示させるliteboxなどが生まれました。

JavaScriptの復活(?)です。

ウェブのルネサンス建築時代(2011〜2015年頃)

過剰な装飾の反動から基本に立ち返ってシンプルでスッキリとしたものが好まれる時代

この時代最大の要素はスマートフォンの急速な普及ですね。

初期のスマートフォンサイトといえばiモードと同程度の感覚で情報を絞り込んで表示させる感覚でしたが、すぐにパソコンと同程度の情報が求められるようになり、それに対応するための方法として「レスポンシブサイト」の考えが登場します。

しかし、レスポンシブサイトは画面の大きさに応じてレイアウトが変わるので完成形がイメージしにくいのが欠点ですよね。
その解決案として「とりあえず動くもの」を用意してデザインを確認しながら作る手法が登場してきましたが、これってデザイン能力とコーディング能力の双方が必要になるので制作サイドで必要とされる能力がまた上がったなぁと感じます。

ウェブのバロック建築時代(2016〜2020年頃)

シンプルさにあきてルールを壊し、複雑化してくる時代?

さて、現在は西洋建築史で言うところのバロック時代初頭にあたりますが、どんな風にルールが壊されて複雑化していくんでしょうか?

今やスマートフォンも高性能・大画面化して動画や複雑な処理も可能になってきています。

以前はFlashやJavaScriptでしかできなかったアニメーション処理もCSSだけで実現できるようになり始めていますし、SVGやWebフォントなども普及し始めています。

そして制作サイドはますます勉強が必要です。(泣)

次の次代に向けて今後ルネサンス時代を作ったスマートフォン級の影響力を与えるかもしれないのがARとVRでしょうか。
ちょうど今話題のポケモンGoは一つの転換期になるかも?

ウェブの新古典主義建築時代(2021〜2025年頃)

古典的なデザインを再評価し始めてレトロが好まれる時代?

本格的なVRを実現するには今のパソコンやスマートフォンの能力では厳しく、現在だとマインクラフト程度の映像が現実的なラインでしょうが、5年後には大きく進歩してくるんでしょう。

その頃には人工知能のサポートでもう少し制作しやすくなる事を期待しますが、おそらく人工知能をうまく使うための勉強などでパソコンの前に座って苦労していそうです。

ちなみに・・・

ポケモンGoを楽しみにしていますが実はポケモンはクリアするまで遊んだことはありません。

シーン別!人物撮影の基本【初級編】

yamamoto
2016/07/12
閲覧所要時間:約5

photo1
こんにちは、ヤマモトです!

さて、今回は「シーン別人物撮影の基本」ということで
色んなシーンがある中でも会社のホームページには必ずといっていいほどある
「代表あいさつ」のカットを撮るという想定でやってみたいと思います!

みなさんが「ホームページの素材写真を撮らなきゃいけない!」ということになった時、
少しでも参考になったら嬉しいです。

※初級編なのでかなり「当たり前だろ!」って解説だらけですが、ご了承くださいm(__)m
あくまでも「初級編」です。

早速撮ってみた!


モデルはフロンティアビジョンNo.1のオシャレボーイ荒木くん
です!
まずはあまり難しく考えずにどんどん撮ってみましょう!

パシャリ!!
さーー、どんな写真が撮れたんでしょうか?

before
なんでしょう・・・なんかかなりわざとらしい写真になってしまいましたね(笑)

それにどうしたんでしょう・・・表情が暗いですね。
普段は明るい荒木くん。何か嫌なことでもあったんでしょうか?
(※荒木くんは数日前、愛車を水没させてしまい。少しメンタルがやばくなっています。)


改善ポイントを発見しよう!


NG
一度、撮った写真を見返してみて「どこがダメだったか」自分なりに考えてみましょう。
この写真のダメなポイントはたくさんあるかと思いますが
今回は、丸枠の5つのポイントに絞って改善ポイントを解説していきます!
ひとつひとつみていきましよう!

1.カレンダーなど『季節感』の出るものは片付けよう

カレンダーが写ってしまうと、いつ撮ったものかがバレバレですね。
ホームページは一年中見られるものです。なるべく、季節感がですぎない方が好ましいでしょう。

2.棚の書類を片付けよう

デスクのまわりには普段の書類が山積みになっていることが多いでしょう。
そうしたものがあると雑然としてしまい、印象がよくありません。書類は整頓するか、写る範囲からどかしてしまいましょう。

3.服装・身だしなみを整えよう

上の写真ではどんだけネクタイ締めるのヘタなんだって感じですが、ゆるんでいたり曲がっていたりというのはよくあることです。
一度、鏡の前で身だしなみを整えてもらいましょう。髪も同様です、メガネの方はメガネ拭きを使ってピカピカに!

4.胸ポケットの中は空に!

普段、胸ポケットにペンや名刺入れ、タバコなど色々入れてる方がいらっしゃいます。
このまま撮ってしまうと、非常にだらしない印象を与えてしまいます。
撮影の際は全て出してしまいましょう!

5.机の上はスッキリさせよう!

これも、書類と同じく出来るだけ机の上は整理しましょう。余計なものは全て撤去してください。
逆に何もなさすぎるのも変なので、場合によっては電話やパソコンは残しておいてもいいと思います。

改善点を意識して撮り直してみた!


上記も含め、色々改善点を考え撮り直してみました!
今度はどうなったでしょうか!?

after
おーー、荒木くん笑顔です!よかった!
(※車は無事保険がおりることになったそうです)

メンタルを取り戻した荒木くんはおいといて写真を見ていきましょう。
上記の5つのポイント以外にどこが変わったでしょうか?

見て欲しいものを大きく写す

まず、分かりやすいのが【横構図】から【縦構図】になったことですね!
最初の写真では横位置だったため、人物以外の余計なものが映り込みやすかったです。
物も雑然としていたため、人物の印象が薄くなっていました。

縦構図にすることで、余計な物が写り込まずスッキリしました。
また、この写真は「代表あいさつ」として使用するものですので、
人物の顔・表情をより大きく写すことで人柄が伝わりやすくしています。

※必ずしも縦構図が良いということではありません。目的や意図によって使い分けましょう!

背景に気を遣おう

被写体そのものだけでなく、その背景にも気を遣いましょう。
今回は、カレンダーや書類など余計なものを撤去し、代わりに「観葉植物」を置いてみました。
緑がはいることで「爽やか」で「明るい」印象の写真になりましたね(^_^)

笑顔が一番

色々、改善点がありましたが何より大切なのは「いい表情」を撮ることです!
暗い表情では、暗い社長・暗い会社なんだと誤解されてしまします。
写真を撮る前や撮りながら、色々お話をしてみましょう!
いい笑顔が撮れたら、それだけで大成功です!

まとめ


いかがでしたでしょうか?
たった一枚の写真ですが、意外と色んなことを考えながら撮らないといけないので、
大変だなっと思った方もいらっしゃるかもしれません。

でも、その一枚の写真で会社の印象が大きく変わってしまうのも事実です。
どうせなら、ホームページには素敵な写真をのせて見た方にいい印象を持ってもらいたいですね(^o^)

写真シリーズは今後も続けて行いたいと思います!
それではまた!!

=======================================================================
弊社ではオプションとして、提携しているプロのカメラマンさんによる撮影が可能です!
HPを作る際は、クオリティの高い写真が必要ですので、ぜひご検討ください!

※注
ブログ内の写真は、へっぽこスタッフヤマモトによる撮影です。
=======================================================================

祝!FV創立13周年記念☆

araki
2016/07/12
閲覧所要時間:約2

DSCF1602  

皆さんこんにちは。
最近仕事でもプライベートでもバーベキューをすることが多くなってきた荒木でございます。

さて先日の7月7日(木)は皆さんもご存知の通り七夕でした!!!

彦星と織姫が年に一度だけ・・・・っというお話が有名ですが、
フロンティアビジョンでは13回目の創立記念を迎えました(*^^*)

そこで仕事終わりに全員でバーベキューをしました〜♪

その様子を今回特別に大公開いたします!!!!!

フロンティアビジョンファンであればもちろん全員の名前が分かるはずです(´ε` )
(答え合わせはこちらから)

また来年の4月から入社が決定している、
19歳の男性デザイナーの卵君の姿もちらほら写っているので、
そこも注目して御覧ください(*´艸`*)

 

創立13周年記念バーベキュ〜!!

DSC_7888
社長はいつ見ても脚が長くて羨ましいです…。

僕も本当は社長みたいに脚が長くなるはずだったのですが・・・。

DSC_7885
↑ 中央部分にある「ポンジュース」が後々悲劇を生むことになるとは誰も思わずにいました・・・。

DSC_7900
↑このショットは恐らく、

(右)川口さん:あそこの肉焼けてるからこっそり取ってきてくれない?
(左)荒木  :はい・・・。

っといった感じでしょうか。笑

DSCF1656
↑「カメラを向ければ必ずピース!!」がキャッチフレーズの薮下さんです(*´∀`*)

(いやぁ〜僕としてはこうやって必ずピースをしてくれることは嬉しいことですね♪)

DSCF1618
↑ 西村さんナイス笑顔です(*´∀`)

DSCF1660
↑ っとここでデザイナーの卵君登場!!!

いやぁ〜第一印象は顔がかなり小さいって感じでしたね。笑

DSCF1609
↑ 社長のキメ顔頂きましたぁ〜♪

DSCF1585
↑ 大渡さんはタレ片手に美味しそうにお肉を食べていました♪

DSCF1576
↑ 先ほどのポンジュースを飲み過ぎ、

山本さんは残念な事にお腹を壊してしまいました・・・。



 

最後に


この日はとても楽しいバーベキューが出来て本当に良かったです(*´∀`*)

今後もこういった様に皆さんで色々なイベントができるといいですね♪

それではまたいつの日か(・∀・)☆

無料写真プリントサービス「ALBUS(アルバス)」を試してみた!

kawaguchi
2016/07/06
閲覧所要時間:約3

こんにちは、夏が大の苦手、川口です。

もう夏ですね!
セミもだんだん鳴き出して早朝からいいBGMです(結構うるさいです)
少し前までは大雨、暴風、雷の嵐の梅雨でしたがもう梅雨明けしそうでなによりです。

さて、冒頭に書いてるように自分、夏が大の苦手です。
夏の暑さは人間を「動きたくね〜」という気分にし面倒臭さから、やろうとしていたことも放棄させます。よね?

例えば。。。
「気晴らしに買い物でも行こうか!」→あち〜やっぱりまた今度…
「久々に外に出て運動でもするか!」→あち〜やっぱりまた今度…
さあ夏に撮りためた写真を現像しに行くぞ!」→あち〜やっぱりまた今度…

という感じで、「また今度‥.」と後回しの連続になってしまうかも?

そこで今日は、上3つ目の
さあ夏に撮りためた写真を現像しに行くぞ!」→あち〜やっぱりまた今度…
を解消する、いいサービスを見つけてしまったので紹介させてください!
※ここまで辿り着くために無理矢理な文章になってしましました


その名も「ALBUS」

albus-h このサービス、ざっくり説明すると
毎月8枚まで無料の、写真プリントサービスです
※送料が200円かかります

このサービスはスマートフォン専用のアプリからのみのようです
アプリがあれば、スマートフォン内の写真を選択してプリントできます!


実際に試してみた!

アプリのダウンロードと、操作説明などは省かせていただきます。

ホームページには「印刷ではない、写真にだけの高画質プリント」とあったのでクオリティに期待!
注文して3日ほどで届きました。
albas-1

開封するとこんな感じで豆腐のパッケージのような包装です。
その下にあるのが現物でしょうか?
albas-2 簡易的な包装だけど無料にしてはいいと思いました。


そしてこちらが届いた写真です。
albas-3 予想外だったのが正方形で届いたことですが、意外に好きです。
何月に届いたのか分かるのもいいです。
6枚しかないのは勝手に最大6枚と思い込んで注文したからです 笑
本来ならば8枚までOK!


気になるクオリティですが、
そもそもあまり写真をプリントしたことがなかったので分からないです…
写真ではわかりにくですが、光沢素材の用紙です。
albas-4
個人的に光沢大好きです 笑


このサービス結構いい感じじゃないですか?
毎月8枚までという制約があるからこそ、「今月はどれにしよう?」と考えたり、届くのがちょっとした楽しみになります!
気になった方は是非使ってみて下さい!


詳しい説明・アプリはこちら!

専用アプリ・ホームページ

フロンティアビジョンのFacebook

デンタルWEB

求人情報

スタッフ紹介