STAFFBLOG スタッフブログ

はじめてのはしもと -映画館編-

どうも!ついに30になりましたハシモトです。

春ですね〜何かが始まる予感の季節、、
20代のころに感じていた微かな期待感と漠然としたワクワク感もなく、、
落ち着いたプライベートを過ごしています。なんせ大人の大人(30)ですから(๑⁼̴̀д⁼̴́๑)ドヤッ‼

落ち着いてくると人混みにも行きたくないし、遠出もしたくない
でも新しいことをしたい・・・だって春だもん・・・

そんなあなたにオススメスポットがあります!
それは映画館!

私が大人の大人(30)になって映画館で初めて体験した3つのオススメをご紹介いたします!!

レイトショー


レイトショーとは
毎日20時以降からやっている夜の時間の映画です。

とある日の平日。ハシモトは唐突に映画を観に行きたい衝動に駆られました。
調べると仕事帰りに行けるのはレイトショー。 そして急で”急だから”誘う相手も居ないので1人・・・。

「え〜女1人で映画なんてさみしいな〜」と思うかもしれませんが、
実際行ってみると年配のサラリーマンや、仕事帰りっぽい大人な女性、常連そうなおじいちゃん。などなど
案外、一人映画に来てる方が多かったです。(安心♥)

私はチョコチュロスを買ってど真ん中でドヤ顔しながら、映画を鑑賞。
人も少なく、騒ぐ子もいないので、気にせずゆっくり映画の世界に浸って映画を堪能することができ
大人な時間を過ごしました・・・

またレイトショーは料金が割引になります。
通常1800円→レイトショー・1300円
ゆっくり観れるうえに500円も安くなるなんて・・・!
もっと早くにレイトショーに行っとけばよかったな〜とつくづく思いました。

オススメポイント
・通常より安く観れる
・静かにのんびり映画の世界に浸れる(平日だと特に)
・1人観の方も多いので1人映画デビューには最適
・運がよかったらその日の夢に映画俳優が出てくる


ライブビューイング


ライブビューイングとは

今まで売り切れで行けなかったコンサートや、会場が家から遠くて参加出来なかったイベントがお近くの映画館で観ることが出来ます!!

出典:ライブ・ビューイング・ジャパン


意味はわかるけど、結局どんな感じ??と思っていたところ
知人から「お笑いライブのライブビューイング行かない?」と誘っていただけたので、「喜んで!」とハシモトは行くことに・・・

映画館に入ると画面には、開演前のライブの会場(東京)にどんどん人が入ってザワザワしている様子が生放送で映し出されていて、まるで同じ会場にいるかのよう。
でもコチラ(映画館)は会場のようにギュウギュウな座席じゃないので楽ちんです♪

開演されると、カメラワークも場面によって切り替わり、とても観やすい!
お笑いだったので会場も映画館も一段となって笑っていました。

とあるゲストコメディアンが台本無視して暴走しグダグダになっていく様子もそのまんま生放送。

何処にいても全国各地の人たちが同じ作品を同じ時間に楽しめる。
良い時代になったものだ・・・としみじみ思いました。

オススメポイント
・リアルタイムで放送される(ライブビューイングの方へ向けてのコメントもくれたりする)
・遠出をしなくていいので交通費がかからない
・どこの席に座っても大画面ではっきり観える
・混雑の中、並ばなくていいので1人観でもへっちゃら


4DX


4DXとは

4DXとは、現在、映画業界で最も注目を集める、最新の<体感型(4D)>映画上映システムです。
モーションシートが、映画のシーンに完全にマッチした形で、前後&上下左右に<動き>、その衝撃を再現。
さらに、嵐等のシーンでは<水>が降り、<風>が吹きつけ、雷鳴に劇場全体が<フラッシュ>する他、映画のシーンを感情的に盛り上げる<香り>や、臨場感を演出する<煙り>など、様々なエモーショナルな特殊効果で、≪目で観るだけの映画≫から≪体全体で感じる映画≫の鑑賞へと魅力的に転換致します。
通常のシアターでは得ることができない特殊効果によって、映画の持つ臨場感=魅力を最大限開放することができる、アトラクション・スタイルの映画上映システムです。

出典:ユナイテッド・シネマ


うむむむ・・・よくわかんないけど、なんか楽しそうだ!ハシモトはずっとずっと観たかった憧れの4D映画をついに観てきました!!!

選んだ映画はアクション映画。元々3Dの映画ではなかったので、今回は3Dメガネの着用はなしでした。
金額は通常料金+1000円。その日はレディースデイだったので通常より安く観れましたが・・・通常だと映画の割には結構しますね。

それだけの価値があるのかな・・とモサモサ考えながら映画館に入りました。
結果・・・・楽しかった!!私は価値があったと思いました。
アクション映画を映画館で観たのも初でしたが・・・4D映画はアクションが絶対いい!
嵐のシーンなどでは座席が動くし、風や、雷雨などなど盛りだくさん!!
顔面に水を浴びた時は予想以上の量だったのでたまがりました(笑)メガネが水滴だらけになって前が見えない(笑)
でも、それはON/OFFのスイッチがついてるのでご安心を。
まさに体感アトラクションといった感じで、遊園地好きは好きかと思います!

調べると4D映画にも種類があり4DX、MX4D、D-BOX・・・と色々あるそうです(私が観たのは4DX)。機会があれば違う種類のでも観てみたいです・・・・!!!

オススメポイント
・風、香り、音、光 4感を使って体感できる
・映画の内容に興味がなくても楽しめる
・遊園地好きはテンションがあがる
・水にはドキっとする♥


さいごに

いかがでしたでしょうか。こんな身近で当たり前のところに「初めて」ってあるんですね〜初めてのことってやっぱりワクワクしますね〜
大人の大人でも、まだまだ未体験のことが、あなたの身近にたくさん転がっているかもしれません!
いろいろチャレンジして人生を楽しみましょう!

最近ハシモトが未体験でしてみたい事はボルタリングです(๑⁼̴̀д⁼̴́๑)ドヤッ‼ 
次回(?)も お楽しみに〜〜

五月病を加速させろ!おすすめ脱力系映画3選。

yamamoto
2015/05/14
閲覧所要時間:約3

l_03 こんにちは、ヤマモトです。
みなさんはGWも終わり、五月病になっていませんか? (‘ρ’)ボーーー

そんな時は、無理に頑張ろうとしてもムダです。( ´△`)アァ-
とことんだらけた気分になって、復活しましょう。
独断と偏見で選んだ、【五月病を加速させる脱力系映画】を3つご紹介します。ε-(´・`) フー
※たぶんあらすじを見ただけでは、全然観る気にならないと思います…(笑)

 

我が家のおバカで愛しいアニキ

【あらすじ】
「40歳の童貞男」「ウォールフラワー」のポール・ラッド扮するおバカでお人好しな男性と、彼に翻弄される3人の妹たちの交流を描いたハートフルコメディ。天然でバカ正直な男性ネッドは、警察官に大麻を譲って逮捕されてしまう。出所後、恋人にフラれて家も追いだされたネッドは、3人の妹たちのもとへ身を寄せることに。正直すぎる言動でトラブルの絶えないネッドを嫌がる妹たちだったが、その真っすぐで裏表のない生き方に触れるうちに心を動かされていく。

【感想】
主人公の屈託のない人柄に、心が洗われます。
正直すぎるがゆえに、行くとこ行くとこでトラブルを引き起こすのですが、こんな人が近くにいたら大変だけど楽しいだろうなと思える作品でした。いい意味で脱力できます。
クエンティン・タランティーノ監督が年間ベスト10作品に選んだとのこと(笑)

ナポレオン・ダイナマイト

【あらすじ】
アイダホの高校生ナポレオン・ダイナマイト。ルックスもダサければ頭も良くない彼は、当然のように学校でも友達もなくイジメにあってばかりの毎日。おまけに家族もナポレオンに負けず劣らずの変人たち。兄は女の子とのチャットに夢中で、叔父さんは通販のタイムマシンを買おうと怪しげなビジネスを始める。そんなナポレオンにも、メキシコ人の転校生ペドロという友だちが出来た。やがて、ペドロが無謀にも生徒会長に立候補すると、ナポレオンも彼の応援に精を出すが…。

【感想】
主人公は見るからに駄目な感じの頭も良くないオタクですが、とにかくなんだかカッコイイ。
なかなか文章で面白さを説明するのが難しいのですが、観て損はない映画です。
映画全体から漂う、ゆるゆるな雰囲気にやられました。

死霊の盆踊り

【あらすじ…というか話の全て】
小説家の彼とその彼女が小説のネタ探しをするために墓場に向かう途中で事故に遭う。目を覚ました二人はおじいちゃんとおばさんが主催する恐怖の宴が開かれている墓場に迷いこみ捕まり襲われるがそこに朝日が差し込んで死霊たちは骨になり、2人は救急隊によって救出された。

【感想】
史上最低の映画」「Z級映画」などと評価される、ある意味伝説的な映画。
大学生の時にその評判を聞きつけ、観てみましたが…これほど時間を無駄にしたと思える映画はないです(笑)貴重な人生の時間を無駄にして、かつやる気も失ってもいいという人にはオススメです!

【この映画をレビューしているサイト】
史上最低の映画「死霊の盆踊り」 – NAVER まとめ
死霊の盆踊り | 毎日がかゆうま。

仕事が忙しい方も多くいらっしゃると思いますが、
たまには肩の力を抜いてリフレッシュしましょう!

フロンティアビジョンのFacebook

デンタルWEB

求人情報

スタッフ紹介