STAFFBLOG スタッフブログ

動画を使ったホームページ

2019/02/13
閲覧所要時間:約4

こんにちは!!
高貝です!
えー寒い日もあったかも知れませんが、例年と比べると比較的に暖冬でしたね??
そして何故かここ2ヶ月ほど夜眠れず昼間に猛烈な睡魔に襲われております…
寝れる方法を人に聞いては試しー。寝れず(笑)
遂には寝具も「トゥルースリーパー」へ変更しました!
結果は、、、全然とろけません。寝れません。。
どなたか寝れる方法をご教授願います(笑)

ということで、今回は動画を使ったホームページについて書いていこうと思います!
動画は2019年のトレンド!みたいな記事も結構見ますが、背景に動画!なんてのは、既に当たり前になってきていますよねー!
では、ホームページに動画を取り入れた場合のメリット、そしてデメリットを説明します。。

動画を使うメリット

ブランディング効果が大きい・分かりやすい・伝えやすい
今までのホームページは、文字や画像を表示するだけだったのでユーザーに対して伝えたいメッセージだったり、コーポレートサイトの場合、企業イメージなどの表現に限界がありました。
ですが、動画を使うことによって、文字や画像・音声だけでは伝えられない情報を伝えることができ、短時間で多くの情報を伝える事が可能になります!
その他にもユーザーに対して、お店や会社の雰囲気・商品の魅力・人柄などの情報も的確に伝えることができ、コンバージョン率の向上を図ることもできます!
動画が流れていると、つい見てしまう事ってないですか?笑
普段TVを付けている時、見たかったわけでもないけど「おもしろそうな番組やCMがやっていてつい足を止めてしまった」という経験がある方も多いと思います!

SEOにも効果的??
SEOはテキストをメインとしたWEBコンテンツ向けの対策であるため、テキストを含まない動画コンテンツはSEO効果は薄いと思うかもしれません。
ですが、動画のSEO効果については広く認められており、2010年にアメリカの調査会社Forrester Researchは、「動画が埋め込まれているページは、埋め込まれていないページよりも約53倍の確率で検索結果の1ページ目に表示される」という調査結果を発表していますし、実際グーグルの検索結果上位には動画を含んだコンテンツが多く表示されていますよね!
もちろん、動画はテキストじゃないので、動画そのものがSEOで評価されるわけではありません。
ポイントとなるのは、動画のタイトルや説明文です。ユーザーが得たい情報に合ったタイトルや説明文、タグの設定が重要になります。また、再生回数やチャンネル登録数、コメント数なども評価ポイントになるとみられているそうです。
そして、ユーザーがブラウザで動画検索をした場合、ホームページに導入している動画が表示されるので、動画検索によるアクセス数の向上も見込めます!

動画を使うデメリット

制作コストがかかる
動画を制作するには多くの時間、労力そして費用を必要としますし、修正にも手間がかかります。

表示速度が遅くなる
文字や画像などと比べると、やはり容量の大きい動画を取り入れることで、ホームページ全体の表示速度も低下してしまいます。
ですが、こちらに関してはYoutubeを使えば解決出来ますよよよ!
1度Youtubeへ動画をアップロードし、その動画をホームページにアップロードすることができます。
ホームページに直接動画をアップロードしているわけではないため、表示速度の低下も回避することができます。
この方法だとホームページからだけではなく、YouTubeから検索したユーザーも動画を見ることができるようになるため、YouTubeからホームページへのアクセスも期待することができます。

ホームページへ動画を挿入する方法

videoタグを使用する!
videoタグは、動画ファイルをソースコードで直接読み込んでホームページにアップロードする方法です。特別なアカウントを持っていなくても簡単にアップロードできますが、動画を直接読み込んでいるため、容量が大きければ大きいほど、ホームページ全体の表示速度が遅くなってしまいます。そのため、videoタグで動画をホームページに取り入れる場合は、画質よりも容量を重視することをお勧めします。

Youtubeから動画を読み込む
上記のデメリットの部分の表示速度が遅くなるでも記載したYoutubeから動画を読み込む方法です!

まとめ

ホームページで動画を使用する際の注意は、動画の影響力は非常に強いですが、掲載する動画のクオリティによってその効果は大きく変動します!
ただ動画を載せたからといって、良いサイトになるとは限りません。
構成や目的の設定などを、しっかりと行い、より良い物を作っていきたいものですね!
動画の効果はかなり高いものなので、今後どんどん多くのサイトで使われる事になると思いますが、日々勉強していきたいと思いました!!



WEBページの表示速度(SEO対策・UXの向上)

2018/07/24
閲覧所要時間:約4

どーもこんにちは!フロンティアビジョン コーダーの髙貝です!
もうすっかり夏ですね。。暑すぎます。暑がりの自分には地獄の季節到来です!!!
ですが、夏にしか出来ない事も沢山あるので、今年の夏は楽しみたいと思います。

えータイトルにも書いてある通り、今回はWEBページの表示速度について書きたいと思います。

ページの表示速度が重要な理由

  1. SEO対策!

  2. ページの表示速度とSEOが何か関係があるの?と思われる方もいるかと思いますが、確かに今までは表示速度は検索結果で表示される順位に影響しませんでした。しかし!!天下のGoogleは2018年7月より、ページの表示速度をモバイル検索のランキング要因に使うという、「Speed Update」を実施しました。
    googleの金谷氏がツイッターでも告知されていました!
    因みに、遅いページのみに影響(遅くないページには関係ない)
    遅い=評価が下がる。だけでなく「遅くなればなるほど評価が下がる」

  3. UXの向上!

  4. サイトやページの表示速度が速いと、UX(ユーザーエクスペリエンス)が向上します。
    UXは、ユーザーがWebサイトを通じて得られる体験のことなので、文字の読みやすさ、フォームの入力が自動化されていること、クリックのしやすさなどが影響します。
    表示速度が遅いと、ページがなかなか読み込まれず、ユーザーは「遅い!」と感じ、どれだけ質の高いコンテンツを配信しても、表示速度が遅ければユーザーには「不便なサイト」といった印象を与えてしまいます。そしてユーザーは離脱して、ほかのサイトから情報を得ようとしますよね。
    因みに、モバイルサイトを訪れたユーザーのうち、53%はページの読み込みに3秒以上かかると離脱している。
    そして、表示速度が1秒から7秒に落ちると、直帰率は113%上昇というデータも出ています。

    すなわち、ページが遅いと直帰率が格段に上がる。当然です。
    ユーザーは欲しい情報を素早く手に入れたいのですから。

売り上げにも関わる表示速度

そして、モバイルサイトの表示速度は売り上げにも大きく関わります!
ページ表示を高速化した結果、モバイル売上が80%アップした!なんて事例もあります。
EC最大手のAmazonによると、サイト表示が0.1秒遅くなると、売り上げが1%減少。1秒高速化すると10%の売上が向上するという公表も出ているそうです。

ツールを使った速度の測り方

「Google Analytics」
「PageSpeed Insights」

2つともよく使われるツールですね。
今回は、「PageSpeed Insights」を使った説明をします!
PageSpeed Insightsは、Googleが無料で提供しているツールで、モバイルとPCサイトの両方に使用できます!

機能は、読み込み速度(スコア)、ユーザーエクスペリエンス(スコア)、修正の必要性を三段階で評価。
ユーザーエクスペリエンスについては、目安として100点満点のうち70点が平均点で、80点を取得すると高評価です。

使い方はとても簡単です。
左の赤丸に自身のサイトURLを貼り付けて、分析のボタンを押すだけ!
すると・・・
分析結果
↓↓↓

もちろん、フロンティアビジョンのホームページは、モバイル・パソコンどちらも80点以上のGood!評価!!!
モバイルに至っては94点!半端ないって。。

他にも、モバイルとPCのファーストビューが表示される機能もあります!
そして、ページの統計情報や最適化の提案などもあるので、それらを参考に表示速度の速いサイト作りを目指せます!

ページの表示速度が速いほどユーザーの満足度に繋がる

ユーザーは迅速なパフォーマンスを求めていることがわかるので、表示速度はUXの向上だけでなく、SEO対策においても重要なポイントです!「Speed Update」が実施されたことも考慮して、自身のサイトの表示速度を計測し、把握することが求められます。
webページとは情報提供サービスなので、ユーザー目線になり、少しでも快適に利用して頂けるよう努力していきたいと思いました。ではでは。。

今回使用した、「PageSpeed Insights」です。
「PageSpeed Insights」

今季から入社の新人社員です

2018/04/10
閲覧所要時間:約2

初めまして。この度、新入社員として入社しました!タカガイです!

今年の3月に熊本電子ビジネス専門学校を卒業し、4月より、コーダーとしてフロンティアビジョンさんに入社させていただきました!
まだまだ入社したばかりで分からない事など多々ありますが、先輩方が優しく教えてくださり、会社での忘年会や花見などの行事も多く、先輩方と接する機会も多い会社なので、とてもリラックスした雰囲気で仕事に取り組める会社だと感じているところです!

そして業務に関しても、定期的に勉強会を取り入れるなどして社員のスキルアップであったり技術共有などの場も設けてあるので自分の成長にも繋がる会社です!
その様な素晴らしい会社に入社出来た事は大変嬉しく思ってます!



自己紹介

出身は熊本県(中央区)の23歳です!

車・バイクが趣味です。以前車屋でアルバイトをしていた事もあり、自分で車やバイクを整備・カスタムする事が好きです!

アウトドア派なので、休日はこれと言った予定が無くても外にいます(笑)
数ヶ月程前にGoProを購入しました!まだ何も撮っていませんが…

まずは機能や編集のやり方などを勉強して、今後、外へ出かけた時にはGoProで風景などの写真や、動画を撮っていこうと思っています!



何故この職種を目指したか

以前はほとんどパソコンすら触らなかった自分が何故この業界・職種を目指したのかというと…
それは、単純にITって凄く便利!そしてそれを使いこなした仕事ってカッコイイ!これからの時代はWeb系だな!なんて、最初はそんな感じのしょうもない理由でしたww
そして、勢いそのままに友達を巻き込んで一緒に熊本電子ビジネス専門学校に入学しました。

ですが勉強していく中で、そんな甘い考えなどは直ぐに消えました!
そして学校で学んでいるうちに、楽しい!と思うようになり、これを仕事にしたい!
もっとスキルを伸ばして役立てたい!と強く思いこの業界を目指しました!



今後の目標!

早く出来るだけ多くの事を覚え、お客様に満足して頂けるように、知識やスキルを身に付け、一人前になれるよう頑張ります!!

まだまだ未熟者で色々ご迷惑をお掛けする事もあるかと思いますが、先輩方のご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします!

フロンティアビジョンのFacebook

デンタルWEB

求人情報

スタッフ紹介