STAFFBLOG スタッフブログ

ECサイト、ネットショップの立ちあげを検討されている方へ

渡邉 直登
2014/12/11
閲覧所要時間:約6

みなさん、こんにちは!
代表の渡邉です。

先月、息子の七五三を行いました。
赤ちゃんだった息子も、今ではYouTubeなどを華麗に操るようになってきました。
子どもの成長は早い!ということは・・・自分もどんどん年を重ねている。
「今」にもっとフォーカスしていこう!と思う今日このごろです。

design (11)

さて今回は!
「ネットショップの立ちあげ」について
「ネットショップの制作会社は、ここまでリアルな内容ははなかなか話さないだろうなー」
というお話しようと思います!正直に。
実はこのネットショップに関するお問合せ、本当に多いんです。

最も難しいという理由を先に。
・楽天などでのモール出店で黒字なのは恐らく15%~10%ほど
・大手企業及び中堅企業の参入増加による競争環境の激化
・EC市場の成長による集客費用の高騰
・価格での競争力がないと難しい(もしくはブランド力)
・消費者の高い要求
・古参のネットショップが有利(2000年代初期参入)
→SEO面、モール内検索面、優良顧客の確保、ノウハウ

ずばり!ネットショップは「上記をクリアしている強者に売り上げが集中する市場」なのです。
(2、3年前はもう少しチャンスがありましたが今はかなり通販の空きスペースがない状況)

これから、ネット通販の市場は伸びるの?

EC(ネットショップ)化率、すなわち「小売全体流通のうち何%がECで購入されたか」という割合は、今でも毎年伸び続けています。そして、まだまだ全体の3%未満という状況です。海外ではEC化率10%以上がざらですから、日本でのネット通販市場は伸びシロが大きいと思われます。

スマートフォンでの購入もどんどん増えていることから、より「ネット通販が伸び、儲かりそうだ」と思う方も多いのも事実。ただ、前段でお話しした部分が現状ですので、儲かるのはイメージ通りにはいかないのです。

design (12)

それでもうまくいく!可能性があるパターンは?

悲観的なお話ばかりではありません。もちろん、うまくいった時の売上額はとても大きいです。ネット通販だけで億単位の年商もざらにあります。では「現在から参入してもうまくいくパターンはどんなものがあるか」を私の独断と偏見で考えてみます。

これからネットショップを初めても上手く行く!ために、押さえておきたい3つのポイント
・メーカーであり、かつ値段を自由に設定できる
(流通の関係で定価もしくは価格が決まっている場合は厳しいです)
・一次産業で、市場に商品を出している、かつ商品配送や顧客対応ができる
(商品配送とか顧客対応ができる農家の方は少ない印象です)
・ブランド力があるオリジナル商品を持っている
(すでに売れている。ネットで欲しい人が潜在的に多い)

この3つを押さえていないと、結構、いやかなり苦しい戦いになると思われます。それでも資金面で言えば、初めてから2年間は赤字を覚悟するぐらいの必要はあると思われます。

ネット通販は、いまや手軽にはじめられるものではなく、「ハイリスク・ハイリターン!」が特徴なのです。

小規模にうまくいく可能性もある!パターン?

見方を変えていきましょう。
小規模な成功を目指すのであれば、選択肢は広くなります。
小規模な成功とは月商50万~100万円を少ない手間で達成するイメージです。

抑えるべきポイント&コンセプト
・ランニングコストを抑える
・大成功は狙わずに、既存顧客のEC化+αを目指す
・常連さんが買ってくれるサイト

例)担当者は兼務でECショップを開設&運営。
自社サイトを開設し、ブログで情報発信を週1回ほど行いSEO対策や
HP運営は堅実に行いながら、店舗にてECサイトがあることをPR。
ロイヤルカスタマー数十人から定期的に購入があり、月商100万円。
サーバ代、SSL証明書代、クレジット決済手数料に月4万円ほど。
梱包費及び送料に、10万円ほど。消費税5万円。原価が40万円。

100(売上) – 4(諸経費) – 10(梱包&送料) – 5(消費税) – 40(原価) =41万円の儲け

41万円で、ECショップ管理、受注管理、配送、入金管理を行うイメージとなります。
なんとかなる感じがします。
このパターンは、根強く売上が続きます。5%ほどの毎年の売上UPが見込めます。

ネットショップを立ち上げたい方へ

予算はない・・・
上記の成功パターンにも当てはまらないな・・・
それでも、やってみなければわからない!だから、挑戦したい!
という方に・・・

このブログを見ていただいている感謝の気持ちを込ねて・・・
このやり方は、ぶっちゃけお仕事にならないので、他の制作会社は絶対おすすめしないだろう方法です。

もし、私が一般の小売り業者ならまずは下記をやってみて、手応えがあれば楽天サイトで「競合調査」をして「勝てる見込み」が見つかれば、楽天内で次の勝負をします!

制作会社が教えてくれない方法とは・・・

「BASE」というネット通販サイト構築サービスがあります。
そのサービスを利用してショップを立ち上げる方法です。

BASEは、テンプレートから簡単にスマホ対応のショップがつくれます。
・費用は無料
・クレジット決済も可能(販売手数料は必要)。
・ ランニングコストが0に近い。

しかも、スタートする初期費用も自分でやれば無料。業者泣かせのサービスです。

そして、その立ち上げたページのURLを名刺やDM、年賀状に入れたり、チラシを作ったり、FacebookなどのSNSで紹介したりして、友達に全力でPRしてみてください。
人の力で広げてみて売れるか売れないか。
このテストは非常に大事ですね。

この方法でしたら、初期費用をかけずにネット通販を始めることができます。

ちなみに・・・
BASEは、たった1年半で10万店舗が開設されてます。その数楽天の2倍以上。
https://thebase.in/

BASE U では、ネットショップ開設・運営・販促のノウハウが公開されています。BASEを使わない方もネット通販の勉強になるサイトです。
http://baseu.jp/

楽天などで本気で年商5000万以上を狙うぞ!という方へ

残念ながら、弊社はECサイト構築制作の受注を締め切らせていただきました。現在は、EC以外のWEB制作に特化しています。ですが、ご相談などはいつもで受け付けています。ECサイトについては私が自信を持ってオススメできるEC専門のWEB制作会社(@熊本市)をご紹介いたします。

それでもやはり、弊社にお願いしたい、と言ってくださるお客様もいらっしゃいます。その場合規模によりますが、初期制作コストが40万~50万円前後でEC-CUBEというEC構築パッケージを利用して制作しています。

いつでもお気軽にお声掛けくださいね。

関連記事

フロンティアビジョンのFacebook

デンタルWEB

求人情報

スタッフ紹介