STAFFBLOG スタッフブログ

メジャーリーグのSNS活用

makoto
2018/06/20
閲覧所要時間:約6

ウェブディレクター兼フロントエンドエンジニアの誠です。
フロンティアビジョンのブログには初投稿です。
緊張しますね。
よろしくお願いします。

大谷翔平

突然ですが本当にすごいですよね。

160km越えの速球で三振の山を築き。

打撃も好調。
大谷は今メジャーリーグ(MLB)で一番見てて楽しい選手ですね。

ところで引用したツイートには動画が埋め込まれていますが、これはたまたまではありません。
最近MLBでは動画などをつかったTwitter活用に取り組んでいて、
今回取り上げたツイートもその中の一つです。
今回のは、このようなMLBのTwitter活用事例をいくつか紹介します。
もしかしたら皆さんの仕事に生かせる事例もあるかもしれませんので、参考にしてみてください。

画像を埋め込んだツイート

MLB各球団はほぼ毎日20ツイート以上していますが、画像の運用は思ったよりも簡単です。
元になる画像(テンプレート)だけ専門のデザイナーに用意してもらい
担当者は中のテキストと写真を入れ替えるだけ。
最初の準備に少しの手間をかければこの様な画像配信ができるようになります。

先発メンバー表(サンフランシスコ ジャイアンツ)

試合前には先発メンバー表を画像にして配信しています。
先発メンバー表はテキストだけでも表現できますが、画像はインパクトが違います。

途中経過(ロサンゼルス ドジャース)
2回終了時点

5回終了時点

途中経過も画像でツイート。ジャイアンツが負けていて大変悔しい場面ですが、
球場の臨場感と試合の経過を同時に伝えています。

アニメーションGIFを埋め込んだツイート

アニメーションGIFは動画よりも軽く、静止画にはない動きがあります。
もちろん、ここでもテンプレートを利用していることがうかがえます。
アメリカ的な表現が多いですが、アプローチなど参考にできる部分は多いのではないでしょうか。

ホームラン(ニューヨーク ヤンキース)

ヤンキースでホームランが出るとこの様なアニメーションGIFがツイートされます。このホームラン用アニメーションGIFはしっかりとデザインされているため、ファンに非常に強い印象を与えます。
2018年シーズンのヤンキースのアニメーションGIFはどれもこれも非常に凝った作りになっているので必見です。

オービット(ヒューストン アストロズ)

MLB No.1 マスコット(何)のオービットです。アストロズはこのアニメーションGIFをかなり便利に使っています。

例えばこのように。

これはアストロズが12連勝したときのアニメーションGIFですが、
前に紹介したアニメーションGIFに少しの加工を加えただけだということが分かると思います。
広報用の素材をストックしておけば、こんな風に発信する内容の幅をひろげることができます。

動画を埋め込んだツイート

最近はMLBのほとんどのツイートに動画が埋め込まれています。
1分未満の短い動画がほとんどですが、試合の雰囲気を伝えるには十分です。

ホームラン(ワシントン ナショナルズ)

ファインプレイ(アリゾナ ダイヤモンドバックス)

勝利(サンフランシスコ ジャイアンツ)

たとえ1分未満の動画でもテキストや写真とは比べものにならない情報量がコンテンツに詰め込まれていることが分かると思います。動画の力、伝わったでしょうか。

同じようなことをするためには?

最近はオンラインで簡単に画像やアニメーションGIFを作成することが出来るサービスもかなり整ってきています。
例えばアドビ社の「Spark」。
PCさえあればブラウザのみで利用できる画像編集ツールです。
これを使えばMLBの様な画像配信も実現できるかもしれません。
iOS用にはアプリも用意されているので、興味ある方は試してみてはいかがでしょうか?

Adobe Spark
https://spark.adobe.com/


紹介記事
http://unitopi.com/adobe-spark-post/


スマートフォンの普及で動画の撮影やアップロードも以前とは比べものにならないほど手軽になりました。
画像を編集するためのオンラインツールなどもそろってきて、
今回紹介したようなプロモーションができる環境はすでに整っています。

今回の記事をみて興味を持った方。今すぐ試してみましょう。

関連記事

フロンティアビジョンのFacebook

デンタルWEB

求人情報

スタッフ紹介