• 投稿者サムネイル画像 フロンティアビジョン
    • #ホームページ全般

ブラウザ(ウェブブラウザ)とは、ウェブサイトを視覚的に表示するソフトのことを言います。
このブラウザは、いろいろ種類があり、ウィンドウズOSに最初から入っているInternet Explorer、マックOSに入ってるSafari、Mozilla Firefoxなど各社いろいろ出しています。
また、同じソフトでもバージョンがいろいろあり、表示もそれぞれ違ったりします。
ホームページを作る際にも、この各ブラウザで表示が統一されるように正しい記述をしなければいけませんが、どうしてもソフト固有のバグ(不具合)があったりして、解決できない場合もあります。

先日、検索エンジン最大手のグーグルは、IE6のサポート終了を発表しました。
http://googleenterprise.blogspot.com/2010/01/modern-browsers-for-modern-applications.html

Windows XPでIE6を使ってる方はまだまだ多いのですが、このIE6というのは制作者泣かせのブラウザで、表示のバグ(不具合)は多いし、脆弱性も多いです。
なぜこのブラウザが普及しているのかわかりませんが、使っている人が多い以上、
正常に表示されるように作らなければいけません。
IE6がなくなってくれれば(もしくは対象外にする)、制作サイドとしてはかなり助かります。
グーグルのサポート終了をきっかけに、「IE6サポート外」が広まってくれればいいなと願います。

現在、IE6をお使いの方はぜひFirefoxやGoogle Chromeを使ってみてはいかがでしょうか。

Mozilla Firefox
http://mozilla.jp/firefox/

Google Chrome
www.google.com/chrome/?hl=ja