• 投稿者サムネイル画像 渡邉 直登
    • #その他

こんばんは。渡邉です。

20世紀、産業革命、どんどん作る。大量生産・大量消費。これがトレンドだった気がします。
21世紀になってからというもの、減らすってのがひとつのキーワードかなと思えてきました。

最近しきりに注目されてるのは、Co2削減。エコですね。
Co2出すエネルギーを減らして、太陽光などのクリーンエネルギーへの転換なんてのは
とても魅力的なお話です。そういえば、ガソリン価格150ドルから今や35ドル(^^;)

■最近メディアでよく見かける減らす達

従業員減らす
既存店減らす
生産減らす
無駄なコスト減らす

不景気ならではの減らすも多く目にする世の中です。世知辛い!

弊社の事業ドメインである、インターネット関連事業は、この減らすってことが得意な事業だなと強く思います。

例えば…

・広告費削減(雑誌やチラシ広告からホームページへのシフトで顧客獲得単価を下げます)
・人件費削減(ITシステムの導入で、不要なコストを削減できる)
・通信費削減(社内やクライアントさんとの連絡手段などをWEBを使ったものへ変更)
・中間業者削減(ネットを通してユーザーへ直接アプローチを行う)

などなど、考えればいっぱい出てきそうです。

今はどう考えても耐える時期だと経営者として感じます。
ですが、ただ減らすだけでは会社の活力はなくなると思いませんか?

今まで使っていたリソースをITへ振り向けることで、コストを減らしつつ活力は出来るだけ維持する。
そんなチャレンジもITを使えば可能だと思います!